So-net無料ブログ作成
検索選択

今日のLIVE 「9.26 頭脳警察」 [LIVE]

今日のLIVE 「9.26 頭脳警察」(心斎橋クアトロ)

雨もすっかり上がった大阪、頭脳警察を観にクアトロへ。
今年、活動を再開した頭脳警察。
90年代初頭の再結成LIVE以来、観るのは久々。

開場のちょっと前に到着。
階段に並ぶものと思っていたが、待つ人が少なく、階段への扉は閉じたまま。
お客さんの少なさと、年齢層の高さに驚く。
私も結構年をとってますが、さらに上の年代が多い。
おそらく、リアルタイムで~75年までの活動を観た方々では?

会場に入ると、かかっていたのはフランクザッパ。
開演予定時刻を10分くらい過ぎて、メンバーが登場。
メンバー登場に使った曲もフランクザッパ。
曲はもちろん「Who Are the Brain Police ? 」

最近の曲なども演奏しつつ、中盤に初期曲を連発。
高齢化するお客さんに「腰は大丈夫?」なんてパンタのMCも。
本編は、ニューシングルの2曲にて終了。
そしてアンコールはなんと3回。
2度目のアンコールで「夜明けまで離さない」、「悪たれ小僧」。
そしてラストは、「銃をとれ」でした。

う~ん、この活動再開の意図は何なのでしょう?
途中で「こんなにこやかな頭脳警察、いいのかな?」
なんてパンタのMCがありましたが、何かこれまでのイメージを
解き放つかのような新たな創作活動となるのでしょうか?
来年は頭脳警察40周年とのこと。
パンタのMCによると来年に向けて、新曲を作り、アルバム作成、ツアーもあるらしい。
つまり今回の頭脳警察。期間を限定せず、しばらく続くようなのだ。
新生-頭脳警察、もうしばらく注目ですね。
080927.JPG
nice!(4)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 4

コメント 10

FUCKINTOSH66

あぁ〜もぉこれ切実ですよねぇ(笑)笑えないけど〜
>高齢化するお客さんに「腰は大丈夫?」なんてパンタのMCも。

>来年は頭脳警察40周年
それハンパないですよねぇ... パンタ、いまいったいおいくつ?
お祝いの花輪でも贈って差し上げたい感じです
続けるってことだけでも大変すよ、ほんとに!

by FUCKINTOSH66 (2008-09-29 03:54) 

ルースターズ

鋭いパンタもみたい。
スタイリッシュなパンタも見たい。
マラッカをやっちまうようなパンタが見たい。

フラワートラヴェリンバンドが動くくらいだから。
何があってもおかしくない。
でも頭脳警察だけは、日本のくだらねぇ政党みたいに
主張を変えず歌ってて欲しい。
世の中の理不尽の多さは変わらないのに。
叫ぶ大人は主張する声は随分と減った。
by ルースターズ (2008-09-29 21:15) 

TBM

>FUCKINTOSH66さま、niceとコメントありがとうございます。
お客さんの年齢、半端じゃなく高い!
ステージから見えてたんでしょうね(笑)。

で、パンタさん、1950年生まれとのこと。
http://www.brain-police.com/profile/
今年58! すごい年です。
まだまだ倒れるまでやるよ って言ってたので、
今後の活動も楽しみです!
by TBM (2008-09-30 00:20) 

TBM

>ルースターズ様 niceとコメントありがとうございます。
そうなんですよね。
今回、背筋がゾクゾクするような瞬間はなかったのです。
やたらMCも多く、自らも楽しむような感じのステージ。
「頭脳警察には、ないことないこと言われた、
 パブリックイメージがあるから」
なんてMCもあったので、頭脳警察の存在そのものを
解き放ちたいのかな なんて思ったり...
来年予定されている、アルバムがどうなるのか?
とても気になります。
by TBM (2008-09-30 00:28) 

TBM

>xml_xsl様 niceありがとうございます。
by TBM (2008-09-30 00:29) 

TBM

>takemovies様 niceありがとうございます。
by TBM (2008-09-30 00:29) 

hanao

僕も先日頭脳警察のライブを観ました。勿論初見。
確かに、少し緩やかな感じでしたね。
「悪たれ小僧」「銃をとれ」等初期の名曲が演奏されましたが、やはり、本人が言うようにパブリックイメージに捕らわれてたのかな?って気がしました。
あ。パンタが「セクシャルバイオレット」時の桑名に見えたっす(笑)。

ではでは。
by hanao (2008-09-30 22:46) 

TBM

>hanao様、コメントありがとうございます。
青森でのライブでしょうか?
パンタがMCで、寺山修司記念館に行った と言ってましたよ。

で、ライブ。確かに少し緩やかな感触。
もちろん、オリジナルの時期を観てないので、
何とも言えませんが、当時もそんな感じだったのかも...?
>桑名に見えたっす
おぉ、確かに(笑)!
by TBM (2008-10-01 00:31) 

通りすがり

今回の青森、大阪、京都、は敢えて三者三様と言うか、スタイルを変えていたように思います。
大阪は唯一のワンマンなので、最近の響とか陽炎のライブの流れを踏襲したような、和やかな中にもピリリとした味を持たせてたのかな、と。
ただ、ちょっとリラックスしすぎ(歌詞やセットリストの間違えとか機械の調子も)な面が目につきましたが(汗

逆に京都は、行った人の話では、パブリックイメージに沿った頭脳警察モード全開だったようで、行けなかったのが残念無念です(T_T)

by 通りすがり (2008-10-03 02:45) 

TBM

>通りすがり 様 コメントありがとうございます。
そうだったのですか、スタイルを変えていたとは。
そして、京都。
対バンが、フラワートラベリンバンドだったので、
熱いステージが展開したのでしょうか??
行けばよかった...残念!
by TBM (2008-10-04 00:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0