So-net無料ブログ作成

今日の本 「スティーブ・ジョブズ VS ビル・ゲイツ」 [本]

今日の本「スティーブ・ジョブズ VS ビル・ゲイツ」(竹内一正/PHPビジネス新書125:10年)

-二大カリスマCEOの仕事力-とのサブタイトルのついた一冊。
有名な方々ではありますが、私自身、よく知らないこともあり、
興味を持って手にしました。

著者は、竹内一正氏。松下電産、アップルコンピュータ社を経て、日本ゲートウェイ(株)、
メディアリング(株)の代表取締役などを歴任。現在は、ビジネスコンサルタント事務所
「オフィス・ケイ」代表とのこと。たくさんの著作ありです。

さて、本書、12の項目を4章に分け、二人のどちらが優れているか検証。
その項目とは、経営力、予見力、マネジメント力、人物力、交渉力などなど。
で、その最終結果は、7勝2敗3分でゲイツの圧勝。ジョブズの勝利は、
「新製品開発力」、「コミュニケーション力」の2項目のみ。
どうしても、安定して成長を続けるゲイツサイドの手を挙げざるえないのか?

まとめとなるラストの4ページには、気になる記述が。
なぜ日本にこのような経営者が誕生しないのか? に対して
筆者は次のようにまとめています。
日本には2つのアンバランスがあるからだと。
リスクのアンバランス、そしてリターンのアンバランス。
日本で一番リスクを取っているのは中小企業の社長。リターンを得ているのは
役人と銀行であり、ここに日本社会の本質的な問題があるとしている。
なるほど、確かにそうなのかも...
でもこのままでは、どんどん海外に優秀な日本人は出て行ってしまいますね。
もったいないことです。
101014.jpg
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0