So-net無料ブログ作成

「京都大学の産学連携および知的財産活動について」 [その他]

「京都大学の産学連携および知的財産活動について」

先週になりますが、関西特許研究会、特許・実用新案部会の会合に
行ってきました。
テーマは、「京都大学の産学連携の取組み及び考え方」で、
講師の先生は、京都大学産官学連携本部 知財・ライセンス化部門長
である渡邉裕二先生。

メーカ勤務の私としては、共同研究を依頼する側であり、大学サイドの
視点、立場の話は知る機会がなく、とても興味深い内容でした。

京都大学は、技術移転機関窓口としての関西TLOは実質的な子会社として
連携強化しており、ライセンス収入、特許等収入は国内大学で一位とのこと。
すばらしいです。
ただ、国内企業との共同研究は、300万円未満の案件が75%を
占めるとのことであり、金額としては少ないようです。
近年、企業の多くは厳しい状況にあり、なかなかお付き合い、
情報収集以上の金額は出せないのかとは思いますが、
まとまった研究費としては、少々さびしい感じでしょうか?

さて、今後もいろいろな会合が予定されておりますが、平日夜の開催であり、
参加の機会は限られています。
今後も、できる限り参加したいところです。
nice!(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 13

トラックバック 0