So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の映画 「エゴン・シーレ 死と乙女」 [映画]

今日の映画 「エゴン・シーレ 死と乙女」

先月、「エヴォリューション」に引き続き、
劇場にて鑑賞したのが、「エゴン・シーレ 死と乙女」
http://egonschiele-movie.com/

こちら、28歳という若さで他界した画家、エゴン・シーレ、
そしてシーレをめぐる女たちを映像化した作品。
監督・脚本は、ディーター・ベルナー。
俳優としても活動されているとのこと。
キャストは、シーレ役は、ノア・サーベトラ。
女性陣は、マレシ・リーグナー、フェレリエ・ペヒナー、
ラリッサ・アイミー・ブレイドバッハ など。
シーレの作品は、一目見て、彼の作品とわかる、彼にしかない
「美」が織り込まれたもの。
言葉にできないほど、素晴らしいです。
短い生涯が、悔やまれますね。
シーレ役の方は、本作で映画デビューという新人とのことですが
見事に演じておられました。

さて、エゴン・シーレの映画作品は、以前にもあるようです。
機会があれば、観たいですね。
nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 13

コメント 2

末尾ルコ(アルベール)

エゴン・シーレ、大好きです~!かなりハードな作品もあるけれど、そこがまた素晴らしい。シーレもこの人の妻もスペイン風邪で亡くなってますね。まだ30歳にもなってませんでした。それを考えると、「天才」としか言いようがないですね。作家で言えば、レイモン・ラディゲとか。ヘルベルト・フェーゼリー監督の作品にはブライアン・イーノらが音楽を担当しています。ジョン・マルコビッチ主演の『クリムト』も割とおもしろかったんですが、エゴン・シーレの出番もありました。 RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2017-03-24 00:55) 

TBM

>RUKO さま、niceとコメントありがとうございます。
シーレ、独特の作風がたまりません。
シーレの他界より、さらに早いのですね、ラディゲは。
2作品とも、未読ですので、読みたいと思います。
「クリムト」も観ていないので気になりますね。
by TBM (2017-03-24 23:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。