So-net無料ブログ作成

「職務発明運用の実態と法制度見直しによる影響」 [その他]

「職務発明運用の実態と法制度見直しによる影響」

5月、5度目の研修会に参加。今回のタイトルは、
「職務発明運用の実態と法制度見直しによる影響 ~日本・海外の実態調査より~」
となります。本研修は、昨年兵庫で実施され好評であったため、
内容を追加して、再度の開催とのこと。

講師は、株式会社野村総合研究所の上級コンサルタントである佐藤将史先生。
主たる内容は、H25、H27年に実施された特許庁委託調査の概要紹介。
H28年の改正された職務発明制度の施行前調査となります。
また、最後にNRI受託ではない、昨年の職務発明制度の対応状況調査の
概要も紹介。
制度にのみ焦点を絞った内容ではなく、興味深かったです。
また、私としてはよく知らなかった各国の職務発明制度の概要が
把握できてよかったです。
調査結果は、職務発明だけでみれば、日本の企業研究者は概ね恵まれた
環境にあり、平均年収は、必ずしも他国に劣っていないとのこと。
マイナス面は、博士取得者や有能な女性等の、エッジ人材の扱いに
配慮がない場合が多くみられること。
確かに日本は、何でも横並びにしたがる傾向があるのかもしれません。
制度としては、今後は中小への浸透と実施が必要とも思いました。

学ぶべきこと、情報収集すべきことはまだまだ多いです。
nice!(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 14

トラックバック 0