So-net無料ブログ作成

今日の本 「ビートルズは眠らない」 [本]

今日の本 「ビートルズは眠らない」(松村雄策/小学館文庫:17年)

ビートルズ関連本の書評にて見たのが本書。
久しぶりに松村氏の本を手にしました。
以前は、渋松対談なども読んでいたのですが、久しぶりです。

著者は、松村雄策氏。。「ロッキング・オン」編集部、歌手を経て文筆業
と表紙裏に紹介。私はLPを1枚だけ持っていますね(かなり前に購入)。
音源は、2000年代にCDで再発されていたようですが知りませんでした。

本書、2003年にリリースされた単行本が文庫化されたもの。
1991年から2003年の間に書かれたビートルズについての
文章で構成。
70~80年代、ビートルズ(メンバー)の扱いはひどかったと記載されています。
私がビートルズを知ったのは70年代の後半あたり?
現在もビートルズのLP、CDは1枚も持っていないものの
代表曲はほぼ知っています。
ということは、メディアではかなり露出されていたのだと思いますが、
比べ物にならないほど、リアルタイムの60年代は扱いがすごかった
ということなのでしょう。
60年代の熱狂、見たかったですね。
私がリアルタイムで聴けたのは、ウイングスの活動末期あたり。
これを機会に、ビートルズの音源に改めて接してみたいところです。

さて、松村氏の新たなリリースがあります。
「僕を作った66枚のレコード」
こちらも気になるところ。
170701.jpg
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 9

コメント 2

末尾ルコ(アルベール)

『ロッキング・オン』はティーンの頃(笑)に欠かさず買っていました。渋松対談もおもしろかったですね。あと、渋谷陽一が主人公の漫画も好きでした。最近でもちらちら『ロッキング・オン』を眺めることがありますが、以前の方がおもしろかったですね。渋谷陽一の『ワールド・ロック・ナウ』は今でもレギュラーで聴いています。映画なんかでもそうですが、若手の評論家でおもしろい人があまりいないような気が。 RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2017-07-05 00:40) 

TBM

>RUKO さま、niceとコメントありがとうございます。
私も買っていました!
音楽雑誌の中では、一番おもしろかったです。そして
ワールド・ロック・ナウ、聴いてみたいと思います。
まだFMで、やっていたのですね。

by TBM (2017-07-05 21:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0