So-net無料ブログ作成

今日の本 「人はどのように鉄を作ってきたか」 [本]

今日の本 「人はどのように鉄を作ってきたか」(永田和宏/講談社:17年)

-4000年の歴史と製鉄の原理-とのサブタイトルがついた一冊。
ちょっと久しぶりに、ブルーバックスを手にしました。

著者は永田和宏氏。現在は、東京工業大学名誉教授、京都造形芸術大学客員教授
とのこと。

本書、19章から構成。世界各国の製鉄の歴史を振り返るとともに、
日本独自の技術である「たたら」についても解説する内容。
とても古い技術である製鉄。
4000年もの歴史があるとのこと。
製鉄して、鉄を生活の中で使える材料にした過去の方々。
温度を計る手段などもなかった時代なのですから、
相当苦労があったと思います。素晴らしいことです。
「製鉄法」そのものの技術は、400年前から原理は変わっていないとのこと。
ただし、生産効率、生産性は向上しています。
著者が特に注目しているのは、「たたら」。
多くの利点があり、「第三の製鉄法」と呼んでいます。
そして、著者は電子レンジ製鉄を生み出し、さらに研究を
進められているようです。

構造材としては、現在もまだ鉄の時代では?
今後の「製鉄法」のさらなる発展に期待しています。
170913.jpg
nice!(9)  コメント(0) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。