So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の本 「死ぬほど読書」 [本]

今日の本 「死ぬほど読書」(丹羽宇一郎/幻冬舎新書:17年)

オビには「本を読む人にしか、わからないことがある」との文字が。
「読書」に関わる著作であり、興味を持って手にしました。

著者は丹羽宇一郎氏。伊藤忠商事(株)の社長、会長を経て、
現在は早稲田大学特命教授、伊東忠商事名誉理事とのこと。
日経ビジネスでのコラムは読んでいますが、著作を読むのは初めて。
他にも、たくさんの著作があります。

本書、6章から構成。「読書」の文字がタイトルにありますが、
読書を軸に、著者の人生観も含めて語る内容。
著者は「人が生きていく上で大事なのは、仕事と読書と人間関係と、
そこからくる人間への理解である」としています。
確かに人生において、読書は欠かせないものと思います。
また、「なぜ?」「どうして?」と考えながら読めば、それだけ
考える力が磨かれる とも。
ただ読んでいるだけでは、字面を追っているだけになりかねません。
考えながら読む。
確かに、大切ですね。

生きている間に読める本の数は限られています。
今後、できるだけ、「ハズレ」を手にしないよう、
読書を進めていきたいですね。
170917.jpg
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。