So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の本 「本当に役立つTRIZ」 [本]

今日の本 「本当に役立つTRIZ」(TRIZ研究会/日刊工業新聞社:08年)

-眼からうろこが!12の発明の原理だけでアイデア発想-とのサブタイトルの
ついた一冊。少し前のリリースとなりますが、引き続き、TRIZ関連の書籍が
読みたくて手にしました。

著者は、TRIZ研究会/編 となっています。
複数の企業等の方々で構成された研究会で、著者代表は、林裕人氏。

本書、8章から構成。最初にアイデア発想の心構え、ポイントを解説し、
その後、TRIZを利用したアイデア創出について説明。最後の8章では、
ピックアップした12の発明原理について、事例を紹介しています。
TRIZの解説本は、多数ありますが、よく見かけるのが、矛盾マトリクス~
発明原理について説明したもの。
本書は、物理的矛盾~分離の法則にて、アイデアを創出する手順を
選択されています。
いきなり矛盾マトリクスを見せられると、少々ハードルが髙いと
認識されるおそれがあるため、ここではこの手順を選択されたのかと
思われます。
ルートは異なれど、発明原理を使う点では変わりません。
確かに、TRIZを使ってみると、よく使用する発明原理は
わりと限定されている気もしますので、「まず使う」という
視点においては、この12個の発明原理でよいのかも...

TRIZ関連の著作はいろいろありますので、引き続き読んでいこうと
思います。
170423.jpg
nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: