So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の映画 「エゴン・シーレ 死と乙女」 [映画]

今日の映画 「エゴン・シーレ 死と乙女」

先月、「エヴォリューション」に引き続き、
劇場にて鑑賞したのが、「エゴン・シーレ 死と乙女」
http://egonschiele-movie.com/

こちら、28歳という若さで他界した画家、エゴン・シーレ、
そしてシーレをめぐる女たちを映像化した作品。
監督・脚本は、ディーター・ベルナー。
俳優としても活動されているとのこと。
キャストは、シーレ役は、ノア・サーベトラ。
女性陣は、マレシ・リーグナー、フェレリエ・ペヒナー、
ラリッサ・アイミー・ブレイドバッハ など。
シーレの作品は、一目見て、彼の作品とわかる、彼にしかない
「美」が織り込まれたもの。
言葉にできないほど、素晴らしいです。
短い生涯が、悔やまれますね。
シーレ役の方は、本作で映画デビューという新人とのことですが
見事に演じておられました。

さて、エゴン・シーレの映画作品は、以前にもあるようです。
機会があれば、観たいですね。
nice!(13)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日の映画 「エヴォリューション」 [映画]

今日の映画 「エヴォリューション」

この2月は、何度か映画鑑賞に劇場に伺っていますが
ほとんど記事にできておらず...
ぼちぼち書いていきます。

まずは、「エヴォリューション」。
http://www.uplink.co.jp/evolution/
短編映画「ネクター」も併映。
http://www.uplink.co.jp/evolution/nectar.php
脚本&監督は、ルシール・アザリロヴィック。
過去にも何作か作品がありますが、私がこの監督の作品を
観るのは初めて。
キャストは、マックス・ブラバン、ロクサーヌ・デュラン、
ジュリー=マリー・パルマンティエ など。
何とも摩訶不思議な内容。
少年と女性のみが住む島での奇妙な医療行為...
鮮やかな映像に対して、何ともドロドロとした不可解な世界。
70~80年代あたりの、カルトムービーの感触。
監督は、1961年生まれとのことなので、
そのあたりの世界にどっぷりな印象も。
他の作品も、観てみたいですね。
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日の映画 「牝猫たち」 [映画]

今日の映画 「牝猫たち」

12月にロマンポルノ リブートプロジェクトの一作「ジムノペディに乱れる」を
観ましたが、もう一作観てきました。
今回は、「牝猫たち」となります。
(オフィシャルサイト↓)
http://www.nikkatsu-romanporno.com/reboot/felines/

第2作は見逃してしまい、本作はプロジェクト第三弾で、
監督、脚本は、白石和彌氏。
主演は、井端珠里、真上さつき、美知枝の3人。
井端さんは、昨年観た『断食芸人』にも出演されていました。
3人の風俗嬢の日常を描いた作品。
なかなか痛い感触のストーリーではありましたが、
ラストは何だかちょっぴり笑える展開も。
前作より、ちょっとお客さんは多めでした。
曜日によるのかもしれませんが...

さて、順次公開される5作品。
次は、園子温監督作、『ANTIPORNO』ですね。
予告では、かなり弾けた印象。気になります。
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日の映画 「ジギー・スターダスト」 [映画]

今日の映画 「ジギー・スターダスト」

この1月は、オアシスの長編ドキュメンタリー「スーパソニック」を
観たばかりですが、また音楽関連の映画鑑賞へ。
今回は、昨年他界された、デヴィッド・ボウイの作品。
1973年のLIVEとなります。
(オフィシャルサイト↓)
http://ziggystardust.onlyhearts.co.jp/

監督は、D.A.ペネベイカー。
会場は、ロンドンのハマースミス オデオン劇場。
ツアー最終公演の演奏を収録。
ステージ衣装は、きらびやかで前衛的(山本寛斎!)。
音のほうは、基本的には、ベース、ドラム、ギターのトリオであり、
ストレートな英国ロックの流れにある演奏。
ギターはミック ロンソンです。
後半には、カバーでストーンズ、ルーリードの楽曲も。
LIVE当時、私は生まれていたものの、まだ洋楽を聴くような年齢ではなく
リアルタイムでは、全く知らなかった世界。
70年代前半、ロックがさらに拡大していく中、
このような素晴らしいパフォーマンスが映像に残されていたとは
うれしいですね。

さて、この映画より前には、ドキュメンタリーの
「David Bowie is」もありましたが、タイミングが合わず
見逃しました。チャンスがあれば、こちらも見たいところです。
170118.jpg
nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日の映画 「オアシス:スーパソニック」 [映画]

今日の映画 「オアシス:スーパソニック」

ほぼ1ヶ月ぶりに、劇場にて映画鑑賞。
音楽関連の映画鑑賞となります。
今回は、洋楽。既に解散していますが、あのオアシスの長編ドキュメンタリー。
(オフィシャルサイト↓)
http://oasis-supersonic.jp/

監督は、マット・ホワイトクロス。
そしてギャラガー兄弟が制作総指揮。
デビュー前、そしてデビュー後の活動のピークとなる数年間を
まとめた内容。
90年代半ばのこととなります。
私としては、80年代のNEW WAVE系の音楽にはどっぷりでしたが、
ブリットポップが出てきたころ頃、やや興味を失っており、
オアシスは、あまり熱心なファンではなかったです。
ヒットしていた曲は、よく耳にしていましたが。
国内外、すごい盛り上がりだったんですね。
改めて、驚きました。

兄弟でのバンド活動、難しいようです。
古くは、キンクス。80年代はジザメリなどいろいろありますが。

さて、解散後の活動。兄、ノエルは2枚のアルバムをリリースしていますね
こちらはCDを購入し、よく聴いております。
今後の活動も楽しみ。
170112.jpg
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日の映画 「ジムノペディに乱れる」 [映画]

今日の映画 「ジムノペディに乱れる」

ちょっと久しぶりに劇場にて映画鑑賞。
チェットベーカーにドキュメンタリーが観たかったのですが
ちょっと時間が合わず、こちらに。
ロマンポルノ リブートプロジェクトの一作「ジムノペディに乱れる」を
観てきました。
(オフィシャルサイト↓)
http://www.nikkatsu-romanporno.com/reboot/gymnopedies/

5人の監督による作品を順次公開。
本作はその第一弾で、行定勲監督作。
主演は、板尾創路さん。
映画を撮れない映画監督 古谷の一週間が描かれます。
ロマンポルノという制約の中で、古谷の淡々とした日々が流れていく内容。
ラスト、入院中の妻のもとへ走る古谷。
佐野和宏監督作に、岸加奈子さんが再び夫である佐野さんのもとに
走るラストがありましたが、ちょっと思い出しました。
もう20年以上前の作品となります。

さて、順次公開される5作品。
園子温監督作、『ANTIPORNO』が観たいですね。
nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日の映画 「ティファニー ニューヨーク五番街の秘密」 [映画]

今日の映画 「ティファニー ニューヨーク五番街の秘密」

先日、「ハドソン川の奇跡」を観に行ったばかりですが、
ちょっと空き時間があったので、また劇場で映画鑑賞。
今回も洋画で、「ティファニー ニューヨーク五番街の秘密」
(オフィシャルサイト↓)
http://www.finefilms.co.jp/tiffany/

監督は、マシュー・ミーレー。
多くの映画監督や女優が登場する、ドキュメンタリー映画。
私がティファニーで宝石を買うことは、ありえないわけですが、
世界的に有名なジュエリーブランドには興味がありました。
この映画にて、その「ブランド戦略」が垣間見れてよかったです。
また、映画では、その工房の様子も少し登場するのですが
素晴らしかったですね。
もちろんすべて手作りで、妥協なき職人の方々の作品なわけです。
あの値段、当然なのですね。

やはり劇場での鑑賞はよいですね。
また行かねば。
nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日の映画 「ハドソン川の奇跡」 [映画]

今日の映画 「ハドソン川の奇跡」

ちょっと久しぶりに、劇場で映画鑑賞。
今回は洋画で、「ハドソン川の奇跡」を観てきました。
(オフィシャルサイト↓)
http://wwws.warnerbros.co.jp/hudson-kiseki/#

監督は、クリント・イーストウッド 。
そして主演は、トム・ハンクス。
2009年1月15日に実際に起きた、飛行機がハドソン川に不時着した
事故に関する内容。
当時、ニュースで見た記憶がありますし、「奇跡の生還」という
印象を持っていたのですが、その裏では、機長らに対して、
厳しい追及があったとは驚きです。
結局、機長らの判断は正しかったわけで、真に無事帰還。
機長の正確な判断、すばらしかったです。

今後は、こういった判断、指示は、もしかして「AI」が行うのでしょうか。
事故が回避できればよいわけですが、何とも味気ない気も...

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日の映画 「バット・オンリー・ラヴ」 [映画]

今日の映画 「バット・オンリー・ラヴ」

少し前に「断食芸人」を観たばかりなのですが、
また、劇場で映画鑑賞。
今回は、佐野和宏監督、18年ぶりの復活作です。
(オフィシャルサイト↓)
http://www.but-only-love.com/

90年代初頭あたりでしょうか。
「ピンク四天王」と呼ばれた監督たちがいました。
あれからずいぶん経ちましたが、この中の3監督の作品が
相次いで、この2016年に公開。
私が選択したのは、佐野和宏監督。
当時、ピンク四天王の監督作品もいろいろ観ましたが、
やはり、最も好きだったのは佐野監督の作品。
以前、病気とのニュースもあり、もう監督は無理?とも思っていたのですが
なんと18年ぶりという復帰作が公開。

以前のように、今回も、監督・脚本・主演を自ら担当。
残念ながら、岸加奈子さんは不在であり、撮影も斎藤幸一氏ではなかったです。
でも、ドキッと突き刺さるドラマが展開されており、ナイス。
今後はどうされるのでしょうか。
まだまだ撮り続ける?
もちろん、私としては、観続けていきたいです。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日の映画 「断食芸人」 [映画]

今日の映画 「断食芸人」

およそ2か月ぶりの、劇場での映画鑑賞。
ちょっと異質な感触の日本映画です。
(オフィシャルサイト↓)
https://danjikigeinin.wordpress.com/

監督は足立正生氏。
知っている人には説明不要の著名な方。
2006年に35年ぶりの作品が公開され、本作が復帰2作目。
本作、演劇サイドからの出演者が多いです。
流山児★事務所からは、流山児祥さん、伊藤弘子さんなど。
特別出演として、吉増剛造さんも登場。
カフカの著作「断食芸人」が原作とのことで、ストーリーはあるといえば
あるのですが、演劇的な世界を随所に取り入れ、
難解なコラージュとも言える独特の世界が構築されています。
シュールといいますか、もう異次元?
ユニークでおもしろかったです。

さて、久しく流山児★事務所の作品を見ていませんね。
青木沙織さんも参加されていないようですし。
また観たいところではありますが、東京中心であり、なかなか難しいのです。
160520.jpg
nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日の映画 「ブラック・スキャンダル」 [映画]

今日の映画 「ブラック・スキャンダル」

このところ、ドキュメンタリー作品の鑑賞が続きましたが、
久しぶりに、ストーリーものを見ました。
ジョニー・デップ主演の「ブラック・スキャンダル」です。
(オフィシャルサイト↓)
https://warnerbros.co.jp/c/movies/blackmass/

実話に基づくストーリー。
幼馴染であった、FBI捜査官とギャングが手を組むのです。
やりたい放題のギャングを演じるのが、ジョニー・デップ。
といっても、子どもを幼くして亡くしたり、母の他界が
あったりと、つらい側面もあり、なかなか痛い話ではありました。

上映時間は、2時間越えと長かったのですが、
あっという間でしたね。
たまにはこういう作品も、といったところです。
次の鑑賞はいつになるか...
160222.jpg
nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日の映画 「A FILM ABOUT COFFEE」 [映画]

今日の映画 「A FILM ABOUT COFFEE」

1月、2度目となる映画鑑賞。
前回に引き続き、今回もドキュメンタリー作品で、タイトルは
「A FILM ABOUT COFFEE」です。
(オフィシャルサイト↓)
http://www.afilmaboutcoffee.jp/

コーヒーの栽培から、カフェに至るまで、コーヒーに関わる
様々な人を捉えたドキュメンタリー作品。
監督は、ブランドン・ローパー。
日本から、田中勝幸さん、大坊勝次さんが登場。
コーヒーはわりとよく飲むのですが、
自分で豆を引いたりすることはありません。
ここまで多くの人の手がかかっていること、よくわかりました。

今後、さらにコーヒーを味わいたいものです。
160126.jpg
nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日の映画 「フリーダ・カーロの遺品 石内都、織るように」 [映画]

今日の映画 「フリーダ・カーロの遺品 石内都、織るように」

先日、今年に入り、初めて映画館に行ってきました。
今回は、ドキュメンタリー作品の鑑賞で、タイトルは
「フリーダ・カーロの遺品 石内都、織るように」です。
(オフィシャルサイト↓)
http://legacy-frida.info/

死後50年を経たフリーダ・カーロさんの遺品の数々を、写真家である石内都さんが
撮影する様子を中心とした作品。
監督は、小谷忠典さん。
石内都さんは、以前から大好きな写真家であり、
画家であるフリーダ・カーロさんの世界も、とても興味深く思っていたので
映画館に伺いました。
映画は、石内さんの姿だけを追うのではなく、フリーダ・カーロさんの
過ごしたメキシコの伝統をも収められており、
あまり知ることのない世界に触れることができ、よかったです。

これを機会に、さらにフリーダ・カーロさんについて
深く知りたいと思いましたね。
映画「フリーダ」も未見ですので、気になるところです。
160120.jpg
nice!(17)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日の映画 「6600ボルト」 [映画]

今日の映画 「6600ボルト」

音楽関連の映画鑑賞。
今回は、山善こと山部善次郎さんの映画です。
(オフィシャルサイト↓)
http://6600.sblo.jp/

山善さんを最初に観たのは、梅田のバーボンハウス。
ミッドナイトスペシャルのときですから、もうずいぶん前。
最近では、2年前の風街でのLIVE。
http://tbm.blog.so-net.ne.jp/2013-11-01-1
このときの様子も、映画に出てきましたね。

で、本作ですが、還暦までの3年間を追ったドキュメンタリー作。
ミュージシャンとしての姿しか知らなかったのですが
もう壮絶な人生を歩んでこられたのですね。
初めて知りました。

このところ、LIVEはご無沙汰ですので、
あの熱いLIVEを、また観にいきたいです。
151230.jpg
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日の映画 「かいけつゾロリ」 [映画]

今日の映画 「かいけつゾロリ」

昨年の正月に、ゾロリの映画「まもるぜ!きょうりゅうのたまご」に
行きましたが、おそらくそれ以来となる、新作に子どもと行ってきました。
今回のタイトルは「うちゅうの勇者たち」。
http://www.zorori-movie.jp/

年2回リリースされる新作本のほうは、コンスタントに購入して
子どもが読んでいるのですが、映画鑑賞となると今回が2度目。
今回は、オリジナルストーリーとのこと。
上映時間は少々短く、1時間弱。
でも、相変わらず、ユニークな展開でナイス。
声優ですが、ゾロリ役は、山寺宏一さん。
とても有名な方ですね。

さて、ゾロリ。ずいぶんと長い作品であり、
もう既に50巻を超えています。
いつまで続くのか?
多くの子供たちに愛される作品。今後も楽しみですね。
150927.jpg
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日の映画 「光輪の超魔神 フーパ」 [映画]

今日の映画 「光輪の超魔神 フーパ」

毎年、夏に新作が公開されるポケモン。
今年の新作「光輪(リング)の超魔神 フーパ」に子どもと行ってきました。
http://www.pokemon-movie.jp/

ここ何年か、2本立てが定着。
今年は、短編「ピカチュウとおんがくたい」から上映。
1本にして、完成度を高めてほしいのですが、
どうも2本立てが完全に定着ですね。

で、本編は、伝説のポケモンがたくさん登場。
やたら戦闘シーンが多くて残念。
もう少しストーリーを深堀して厚みをもたせてほしかった気が。
上映シアターも狭めの設定であり、ポケモン人気は低迷?
ポケモンを観るのも今年が最後?

映画の後、「地下鉄まるごと どうぶつスタンプラリー」の
スタンプを押しにいくつかの駅を回りました。
まだまだ先は長いのですが。
150828.jpg
nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日の映画 「それでも僕は帰る」 [映画]

今日の映画 「それでも僕は帰る」

久しぶりに劇場にて映画鑑賞。
~シリア若者たちが求め続けたふるさと~とのサブタイトルの
ついた作品です。
(オフィシャルサイト↓)
http://unitedpeople.jp/homs/

シリアの民主化運動を描いた作品。
監督は、タラール・デルキ氏。
2人の青年がメイン。
サッカーのユース代表チームであった青年バセット、
そして、有名な市民カメラマンのオサマ。
戦後70年、平和の道を進む日本においてはとても信じられない世界。
政府軍の容赦ない攻撃の中、自由は遠く、多くの仲間が
攻撃により、殺害されていく。
とても痛い世界。
この現状、何かできることはあるのだろうか。
問題は山積みのようです。
(入場時、ポストカードをいただきました)
150808.jpg
nice!(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日の映画 「あっちゃん」 [映画]

今日の映画 「あっちゃん」

また、音楽関連の映画鑑賞。
今回は邦画で、あのニューロティカ、あっちゃんの映画です。
(オフィシャルサイト↓)
http://www.acchan-movie.com/

ニューロティカ、もう結成30周年!
http://newroteka.com/
私がニューロティカを知ったのは、オムニバスアルバム「Oi of JAPAN」。
メジャーデビュー前ですね。
当時、西成のEGG PLANTなどで、LIVEも観ております。
「Oi of JAPAN」に参加していたので、Oi PUNK かと思っていたら
なんとも愉快なバンドで、好きでしたね。
その後も、わりとよく聴いていて、時おりLIVEも観ております。

で、映画ですが、実家のお菓子屋の様子も撮影されており
ほんと、あっちゃんの日常が描かれていてナイス。
シズヲさんが脱退してからは、観ていないので
またLIVEに行かねば、と思っております。
150536.jpg
nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日の映画 「ドラゴンボールZ 復活の「F」」 [映画]

今日の映画 「ドラゴンボールZ 復活の「F」」

NICK CAVEの映画を観て以来の、劇場での映画鑑賞。
今回は、久しぶりに子どもと行ってきました。
観たのは、ドラゴンボールです。
(オフィシャルサイト↓)
http://www.dragonball2015.com/

原作、脚本、キャラクターデザインは鳥山明さん。
あのフリーザが復活するストーリー。
前作に登場した、ビルスやウイスも登場。
さらに、久々のコミックでのキャラクター、ジャコまでも。
いやいや、おもしろかったですね。

前作「神と神」から2年での新作公開。
今後も定期的に新作が登場でしょうか?
さらなる悟空たちの進化に期待です。
(エレベーター前のポスターはサイン入りでした)
150428.jpg
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

今日の映画 「20,000 DAYS ON EARTH/NICK CAVE」 [映画]

今日の映画 「20,000 DAYS ON EARTH/NICK CAVE」

先週に引き続き、音楽関連の映画を鑑賞。
2週連続で映画館なんて、実に久しぶりです。
今回は、NICK CAVE のドキュメンタリー的な作品。
http://nickcave-movie.com/

NICK CAVEを初めて聴いてから、もうずいぶん経ちますが、
今なお、大好きなアーティストであり、アルバムがリリースされれば
いつも購入しております。
本作は、演奏シーンより、内面を語るシーンがやや中心。
ゲストとして、カイリー ミノーグ、以前のメンバーであるブリクサが
登場し、会話するシーンも。
刺激に満ちた、とてもナイスな作品。

リハーサルや、LIVEのシーンで演奏されるのは、
現時点での最新作である「Push The Sky Away」からの曲。
わりとゆったりとした感じの曲が多いアルバムでしたが、
LIVEでの高揚はかなりのもの。
来日での演奏を観たのは、もうかなり前。
ブリクサがいた頃ですね。
最近の演奏を、生で観たいものです。
150306.jpg
nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画