So-net無料ブログ作成

今日のCD「petite fleur / 近藤直司」 [CD]

今日のCD「petite fleur / 近藤直司」(16年CD)

先日、人間国宝のアルバムを記事にしたばかりですが
もう1枚、フリーJAZZのアルバムを手にしました。
人間国宝と同じ「bummey records」から、昨年リリースされた、
人間国宝に参加している近藤直司氏のソロアルバムです。

本作、全8曲、52分あまり。
メンバーは近藤直司(brs, ts)に加えて、
永田利樹(contrabass)、瀬尾高志(contrabass)というトリオ構成。
演奏曲は、8曲中5曲が即興演奏で、残る3曲がカバーで、
・Lonnie's Lament(John Coltrane)
・Petite Fleur(Sidney Bechet)
・Desireless(Don Cherry)
となっています。
即興演奏が中心なわけですが、哀感漂う3曲のカバーも
実に素敵です。
人間国宝と同様に、近藤直司氏のLIVEもなかなか関西では
観る機会がないようです。
生で観たいですね。
171210.jpg
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

今日のCD「井川てしゃまんく音楽祭 / のなか悟空&人間国宝」 [CD]

今日のCD「井川てしゃまんく音楽祭 / のなか悟空&人間国宝」(17年CD)

かなり久しぶりとなりますが、日本のフリーJAZZの記事となります。
人間国宝、20年ぶりのリリースとなる作品です。
今年4月に発売されたのですが、ようやくリリースに気付き、手にしました。

本作、全5曲、45分あまり。
昨年8月に開催された「井川てしゃまんく音楽祭」のLIVE音源。
メンバーは、近藤直司(brs, ts)、ヒゴヒロシ(el-b)、のなか悟空(ds) 。
演奏曲は、コルトレーンで有名な「My Favorite Things」、
オーネット コールマンの「Lonely Woman」、「シャレード」といった
カバー。そして、「McCoy」、「Dull」のオリジナル曲です。
以前観た時にも演奏されていた、熱いナンバーばかり。
久しぶりに聴きましたが、かっこいいですね。
彼らのLIVE、ずいぶん観ていないので、
また観たいのですが、関西でのLIVEはなさそうです。
のなかさんは、9月に京都に来られていましたが
平日であり、ちょっと無理でした。
機会があれば、何とか伺いたいところです。
171208.jpg
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

今日のCD「Queen Is Dead / THE SMITHS」 [CD]

今日のCD「Queen Is Dead / THE SMITHS」(17年3CD+DVD)

リリースから、なんと31年が経過した The Smiths の名盤
「Queen Is Dead」。この秋に、BOX仕様、3枚組にてリマスター盤が登場。
輸入盤にて手に入れました。

本作、10+13+13曲、37+54+54分あまり。
1枚目はオリジナル仕様、2枚目はデモ+シングルBサイド、
3枚目はボストンで収録のLIVE盤となっています。
DVDのほうは、PCMステレオ ハイレゾ音源+デレク・ジャーマン監督作MVです。
私として、特にうれしかったのは、3枚目のLIVE作。
スミスは来日がなく、LIVEを観る機会がなかったため、
この時期のLIVEに接することができたのはナイス。
選曲も、有名曲がずらりと並んでいて、いい感じです。

さて、モリッシーもジョニー・マーも、今なお現役で活躍中。
もう再結成することはないと思いますが、
今後の彼らの活躍にも期待しています。
171122.jpg
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

今日のCD「Who Built The Moon? / Noel Gallagher's High Flying Birds」 [CD]

今日のCD「Who Built The Moon? / Noel Gallagher's High Flying Birds」(17年CD+DVD)

元オアシスのノエルによるソロプロジェクトの第3弾となるアルバムが
リリースされました。
今回は、DVD付の日本盤で入手。

本作、全13曲、52分あまり。
12曲目は、世界ボーナストラック、13曲目は、日本盤ボーナストラックで、
短いインストも2曲あり。
ポール・ウェラー、ジョニー・マーといった大御所もゲストで参加。
とても多くの方が参加したアルバムで、かなりカラフルな印象。
ラストのボーナス2曲が、わりとアコースティックな感じなので
これらの曲は、より新鮮に響きます。
過去の2作に比べると、やや統一感に欠ける気もしますが、
そこは狙ったところでしょうか?

さて、オフィシャルサイトによると、来年2月からは、
US、その後は欧州をツアーの予定。
今のところ、来日はないようです。
あれば観たいのですが、チケットを取るのは難しそう?
171121.jpg
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

今日のCD「Ornette At 12・Crisis / Ornette Coleman」 [CD]

今日のCD「Ornette At 12・Crisis / Ornette Coleman」(17年CD)

ずいぶん久しぶりに、オーネット・コールマンのCDを購入。
なんとCD化されていなかった、Impulse!時代の2作品が
カップリングでようやくリリース。早速手に入れました。

本作、全9(4+5)曲、77分あまり。
「Ornette At 12」は、1968年のLIVE録音。
「Crisis」は、1969年のLIVE録音。
「Ornette At 12」のメンバーは、オーネット・コールマンに加えて
tenorが Dewey Redman、B. Charlie Haden、Dr. Denardo Coleman。
ドラムは息子さんです。
「Crisis」は上記メンバーに加えて、Don Cherry が参加。
強力なメンバーですね。
そして収録曲も強烈!
私の大好きな「Broken Shadows」、そして「Song for Che」も。
このような素晴らしいアルバムが、今までCD化されていなかったとは
驚きました。
ようやく聴けて、よかったです。

さて、未CD化の作品、まだあるのでしょうか?
さらに聴いてみたいですね。
171036.jpg
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

今日のCD 「Shadows & Reflections / Marc Almond」 [CD]

今日のCD 「Shadows & Reflections / Marc Almond」(17年CD)

昨年は、自身の活動を総括する10枚組のBOXをリリースした
Marc Almond。記事にはしていませんでしたが、購入しています。
そして今年、新作をリリース。早速手にしました。

本作、全15曲、45分あまり。
プロデュースとアレンジは、Mike Stevens。
6曲は、ジャケットに「CLASSIC tracks」と記載されています。
今回はわりと静かめで、耽美的な感触が漂う楽曲が多く、
アルバムに統一感がありました。
Vo.はいつものように、しっとりと哀愁をおびた響きがあり、
なかなかの傑作ですね。

さて本作は、色違いジャケットがCD、LPで多数存在しますが、
私が手にしたのは黄色のCD。
どのような違いがあるのかよくわかりません...
内容はどれも全15曲のようですが。
現在、UKツアー中の Marc Almond。
残念ながら、来日はなさそうです。
171029.jpg
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

今日のCD 「Bizarre Festival 1996 / Nick Cave & The Bad Seeds」 [CD]

今日のCD 「Bizarre Festival 1996 / Nick Cave & The Bad Seeds」(17年CD)

今年、Best盤(BOXセット)がリリースされている Nick Cave。
それとは別に、LIVE盤もリリースされていたので購入。
ただし、一般に流通はしていますが、ブートのようです。

本作、全11曲+インタビューで、トータル60分あまり。
収録はドイツで、1996年8月17日のLIVEとなります。
なんと20年以上前!
その頃リリースされたアルバムは「Murder Ballads」。
そのため、ラストに演奏された「Murder Ballads」収録の
「HENRY LEE」には、アルバム同様に、PJ HARVEY が
ゲストVo.で参加されています。
演奏は、そのアルバム収録曲に限られず、名曲「The Mercy Seat」
などもあり、よかったです。
メンバーの記載はありませんが、まだブリクサがいた頃ですね。

さて、現在は「The Bad Seeds」とともに欧州をツアー中。
http://www.nickcave.com/
日本はないようで、残念。
170922.jpg
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

今日のCD 「Live in New York, 2010 / David S Ware」 [CD]

今日のCD 「Live in New York, 2010 / David S Ware」(17年2CD)

ちょっと久しぶりにCDの記事。FREE JAZZ となります。
2012年10月に他界された「David S Ware」。
アーカイブシリーズがリリースされていたので、手にしました。

本作、全12曲、67+63分あまり。
メンバーは、Sax の David S Ware に加えて、Bass は、William Parker、
Dr.は、Warren Smith というトリオ。
2010年10月、Blue Note での録音。
曲にタイトルはなく、すべて即興?
熱い、艶のある音色が素敵です。
今回はトリオ演奏であり、やや聴きやすい印象も。

さて、もう新録音を手にすることはないのですが、
アーカイブシリーズはまだ続くようで、
次作のアナウンスの記載がライナーにありました。
ただ、リリース時期は不明。
レーベルのサイトは↓
http://www.aumfidelity.com/home.htm
チェックせねば。
170921.jpg
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

今日のCD 「海 / 坂田明」(13年CD) [CD]

今日のCD 「海 / 坂田明」(13年CD)

先日記事にした、ミュージシャンであり、ミジンコ研究者でもある
坂田さんの著作「私説ミジンコ大全」付属のCDがこれ。
オビには、「坂田明が水棲生物たちに捧ぐ名演「海」(CD)付」
とあります。

本作、全8曲、60分あまり。
しっかり、1枚のアルバムの体裁となっています。
メンバーは、Sax等の坂田さんに加えて、piano フェビアン・レザ・パネ、
bass 吉野弘志、per.等 高良久美子 の4名。
坂田さんといえば、フリーのイメージがあるのですが、
この作品は、とても暖かく、ゆったりとした音が
詰まっております。
懐の広い坂田さんならではの作品といったところでしょうか。
とても素敵な作品です。

さて、最後に坂田さんのLIVEを観てから、もうかなりの月日が
経っております。
何年か前の、非常階段とのLIVEにも行きませんでしたし...
オフィシャルサイトを見ると、かなりの数のLIVEがあります。
http://www.akira-sakata.com/
近くに来られた時に、また行きたいですね。
170838.jpg
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

今日のCD「GUTARS / McCoy Tyner」 [CD]

今日のCD「GUTARS / McCoy Tyner」(08年CD+DVD)

少し前の作品となりますが、マッコイ タイナーのリーダー作を
手にしました。リリースは2008年ですが、録音は10年以上前となります。

本作、全14曲、74分あまり。
メンバーはタイナーに加え、ベース Ron Carter、ドラム Jack DeJohnette。
そして曲ごとに、何れかのギタリストが加わります。
 Marc Ribot、John Scofield、Bela Fleck、Derek Trucks、Bill Frisell
強力な面々ですね。
Marc Ribot、Bill Frisellらは、ジョンゾーンとも活動していますね。
演奏曲は、自作曲もありますが、ターナーがコルトレーンとともに
活動していたときの曲なども演奏しています。
以下の曲↓
 Mr. P.C.、My Favorite Things、Greensleves
コルトレーンのSaxを、ギターに置き換えて演奏。
久しぶりにジャズらしいジャズアルバムを聴いた感じ。
ナイスです。

本作には、DVDも付いていて、スタジオでの演奏が収録されています。
コルトレーンとの活動は60年代ですから、もうずいぶん前。
皆さん、かなりの年齢となっています。
今後も活動を継続してほしいところです。
170747.jpg
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日のCD「SIX STRINGS THAT DREW BLOOD / Rowland S. Howard」 [CD]

今日のCD「SIX STRINGS THAT DREW BLOOD / Rowland S. Howard」(14年2CD)

先日、昨年他界されたPrinceの作品の記事を書きましたが、
今回はそれよりも先に他界されている Rowland S. Howard の他界後の作品。
初期からの活動を俯瞰する2枚組となっています。
リリースにようやく気付いたので購入。

本作、全17+15曲、76+78分あまり。
未発表のソロ作で始まり、その後のバンド活動(The Boys Next Door~
The Birthday Party~Crime & the City Solution~These Immortal Souls)、
そしてソロ作まで、全32曲というヴォリュームです。
また、Lydia Lunch とのコラボ作なども含まれています。
私が、Rowland S. Howard を知ったのは、Nick Cave と活動した
The Birthday Party。
残念ながら、リアルタイムではなく、Nickのソロ作を聴いた後です。
Lydia Lunchとの「Shotgun Wedding」はリアルタイムで聴きましたが。
どの曲も、あの80年代のNewWaveの香りが漂う印象。
私が好きな時代の楽曲群となります。

残念ながら、もう新作を聴くことはできないのですが
後は、今後の Nick の活動に期待したいです。
170722.jpg
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日のCD 「Damage & Joy / The Jesus And Mary Chain」 [CD]

今日のCD 「Damage & Joy / The Jesus And Mary Chain」(17年CD)

復活し、昨年は来日公演も行ったジザメリ。
この春、なんと19年ぶりとなる新作がリリースされました。
ボーナストラックの収録された日本盤を購入。

本作、全14+2曲、60分あまり。
ノイジーなギターに、甘美なメロディー。
まさにジザメリならではのサウンドが
この新作で聴けます。
ずいぶんと長い間、活動が停滞していたときには、
もう新作を聴くことはできないのでは?
と思っていました。
しかし、またこのように新作が届くとはうれしい限りです。
今回の新作、女性Vo.を結構取り入れているところが特徴でしょうか。
さて、サイトによると、夏~秋にかけては
かなり大規模な欧州ツアーのようです。
http://thejesusandmarychain.uk.com/
その後、来年あたりに来日はあるのでしょうか?
また観たいですね。
170709.jpg
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日のCD「Purple Rain / Prince」 [CD]

今日のCD「Purple Rain / Prince」(17年3CD+DVD)

昨年、突然他界したPrince。
生存中は、過去作のリマスター再発はなかったのですが、
他界後に、ようやく登場。早速手にしました。

本作、全9+11+15曲、44+76+78分あまり。
1枚目は、オリジナル作のリマスター盤。
2枚目は、The Vault & Previously Unreleased。
3枚目は、Single Edits & B-Sides。
この頃の音源が、ぎっしりと詰め込まれています。
本作のオリジナルは、LPでしか持っていなかったので
久しぶりに聴いました。
Keyの音などは、多少時代を感じさせる気もしますが、
圧倒的なPrinceの世界は、見事というしかありません。
他界後、というのが気になりますが
他の作品についても、リマスター再発してほしいですね。
しばらくは、この作品を聴き続けることになるのですが。
それにしても早すぎる他界が、とても残念です。
170707.jpg
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日のCD「君と踊りあかそう日の出を見るまで / JAGATARA」 [CD]

今日のCD「君と踊りあかそう日の出を見るまで / JAGATARA」(85年LP)

今年になり、JAGATARAのカバーを聴く機会が何度かありました。
田窪嫌一さん、そして今月観た「アバヨ」。
その「アバヨ」は、導入部を含むタンゴでした。
元バージョンは、おそらくこのLP。とてもなつかしく思い、探し出した次第。

本作、全5曲。
江戸アケミの、1983年、1984年の入院前後のLIVEを収録。
90年のCD化では、「岬でまつわ」が追加収録され、全6曲に。
で、ここで収録された「タンゴ」。
とても長く、興味深い導入部あり。
1985年以降、復活後のLIVEは何度か観ておりますが、
このような導入部の再現はなかったような...
この曲に限らず、素敵な詩、曲の多いJAGATARA。
他のメンバーを含め、早すぎる他界が残念です。

さて、持っておりませんが、再発CDでは、一部ブザー音で消された
箇所があるとの書き込みがサイトに。
LPでは、ブザー音はなく、歌詞もそのまま記載されていましたね。
自主制作だったから? 
この最初のリリースから、30年以上が経過。
メンバーだったEBBYさんのLIVEが、今月末、そして来月に京都であります。
気になるところ。
170528.jpg
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日のCD「Snow Leopard Messiah / Nature & Organisation」 [CD]

今日のCD「Snow Leopard Messiah / Nature & Organisation」(15年2CD)

15年にCD2枚組で再リリースされた作品。
Current93絡みの作品は、わりとチェックしているのですが
これは見落としていました。ようやく購入。

本作、全13+12曲、55+41分あまり。
Michael Cashmore の、「Nature & Organisation」名義による作品。
1枚目は、94年リリースの「Snow Leopard Messiah」に2曲を追加。
2枚目は、98年リリースの「Death in a Snow Leopard Winter」。
1枚目には、Vo.に、DAVID TIBET、DOUGLAS P.、ROSE McDOWALL らが参加。
実に豪華です!
2枚目は、インストアルバム。
弦楽器による穏やかで、心が休まる内容。
とても心地よいです。
どちらも、Michael Cashmore ならではの深く耽美な世界。
Marc Almond とのコラボ作品も素敵でしたが、本作もナイス。

本作は過去作の再リリースでしたが、新作のソロなどは出ないのでしょうか?
最近、Current93のリリースもありませんし、さみしいですね。
しばらくは、この作品で楽しめますが...
170525.jpg
nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日のCD 「Live In Sant'anna Arresi 2004 / David S Ware」 [CD]

今日のCD 「Live In Sant'anna Arresi 2004 / David S Ware」(16年CD)

久しぶりにCDの記事、JAZZ、しかも、フリーとなります。
2012年10月に他界された「David S Ware」。
生前に未発表であった音源がリリースされていたので、手にしました。

本作、全3曲、46分あまり。
3曲目はアンコールとのことで、時間は4分あまりですが、
他の2曲は20分を超える長尺曲。
メンバーは、ピアノの Matthew Shipp のみであり、DUO演奏。
収録は、2004年9月で、イタリアとのこと。
しかしジャケットの写真は、収録時のものではなく、
1994年ですので、さらに若き日のお二人ですね。
DUOのフリーであり、かなり聴く人を選ぶ内容ですが、
素敵な音が詰まっております。

もう新録音を手にすることはないのですが、
アーカイブシリーズはまだ続くようで、
3,4作目のアナウンスが記載されていました。
いつリリースされるのか、気になりますね。
170424.jpg
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日のCD「Time Flies...1994-2009 / OASIS」 [CD]

今日のCD「Time Flies...1994-2009 / OASIS」(10年2CD)

先月、oasis のドキュメンタリー映画を見て、
映画で流れていた楽曲をまとめて聴きたくなり
手にしたのが、このベスト盤。
リアルタイムでは、それほど熱心に聴いていなかったので。

本作2枚組、全13+14曲、62+73分あまり。
かなりのボリュームとなっています。
当然ながら、代表曲を網羅。
映画で聴いた楽曲も収まっていますね。
「Supersonic」、「Don't Look Back In Anger」、
「Champagne Supernova」などなど。
ビートルズなどの英国ロックの流れをくむ
美メロが満載。
人気が出るのも当然でしょうか。
映画を観て驚いたのは、彼ら、かなりの悪ガキ(失礼)
だったということ。
当時、曲しか知らず、美メロから、おとなしめの
正統派といったイメージを持っていました。
わからないものですね...

現在、バンドは解散。
今後の活動が気になるところ。
170206.jpg
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日のCD「FULL HOUSE / 山善 & BLUES FELLOWS feat TAD三浦」 [CD]

今日のCD「FULL HOUSE / 山善 & BLUES FELLOWS feat TAD三浦」(08年CD)

11月に開催された山善さんの個展「電光石火」にて
ようやく入手できたCDがこれです。
ずっと欲しかったのですが、なかなか手に入れることが
できなかったのです。

本作、全17曲、70分あまり。
天神の B.B. Kenchan にて定期的にLIVEを行っている、
「山善 & BLUES FELLOWS feat TAD三浦」という布陣によるアルバム。
メンバーは、山善さんに加えて、TAD三浦、武内正陽、ナガサキスリム、
勝野真二、ジャスティン小川という6名。
LIVEで演奏されている曲が、ぎっしり詰まっていますね。
ラスト3曲は、LIVE録音。
もちろん、こちらも熱いです。

さて、ここ数ヶ月は、この布陣によるLIVEはなかったのですが、
来月 2/16に、B.B. Kenchan にて予定されています。
何とか行きたいですね。
(サインをいただきました↓)
170117.jpg
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今日のCD 「仮想定規0」 [CD]

今日のCD 「仮想定規0」(16年CD)

昨年11月に伺った、仮想定規の初公演。
http://tbm.blog.so-net.ne.jp/2016-11-26
その際に、購入したのがこれです。

本作、全9曲、18分あまり。
劇中で歌われた歌が収録されています。
詩は、青木砂織さん、佃典彦さんが半分ずつ。
曲は、全曲 ほんだまことさん。
歌は、出演者の方々
となっています。
劇中で使われた各曲を聴くと、使用されたシーンが甦りますね。

さて、仮想定規。
初公演のDVDがリリースのよう。
(サイトには、まだ購入方法の記載がないようなのですが...)
http://www.kasoujyougi.com/
そして、次回公演。まだ先ですが、気になるところです。
170116.jpg
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

今日のCD 「It's Hard / THE BAD PLUS」 [CD]

今日のCD 「It's Hard / THE BAD PLUS」(16年CD)

ずいぶん久しぶりとなる、Bad Plusの記事。
記事にはしていなかったのですが、継続して聴いております。
この8月にリリースされた新作を手にしました。

本作、全11曲、49分あまり。
ピアノトリオのTHE BAD PLUS。メンバーは、
Ethan Iverson (p)、Reid Anderson (b)、David King (ds)
の3名。デビュー当時から、アルバムには何曲かカバーを入れていた
彼らですが、本作はなんと全曲カバーとなります。
幅広いアーティストをピックアップ。
選ばれたのは、Yeah Yeah Yeahs、Cyndi Lauper、Prince、
TV on the Radio、などなど。
そしてアルバムのラストを締める曲は、Ornette Coleman の
「Broken Shadows」!
以前、「Street Woman」をカバーしていたのですが、
今回は、私の大好きな名曲「Broken Shadows」をカバーしています。
とてもナイスな感じ。

改めて、過去作も聴こうと思います。
161112.jpg
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽