So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の本 「完全マニュアル!発明・特許ビジネス」 [本]

今日の本 「完全マニュアル!発明・特許ビジネス」(中本繁実/コミュニティ・ブックス:17年)

-発想から特許出願・商品化までノウハウ教えます-とのサブタイトルがついた一冊。
図書館の新着コーナーにあり、手にしました。

著者は、中本繁実氏。現在は、社団法人発明学会の会長であり、東京日曜
発明学校校長、工学院大学非常勤講師、多摩美術大学非常勤講師とのこと。
出願関連の著作がたくさんあります。

本書、6章から構成。
町の発明家を対象とした、発明の創出と特許出願の手引書です。
現在、日本では年間30万件を超える特許出願がありますが、
多くは大企業からの出願。
町の発明家からの出願は、どの程度あるのでしょうか。
このような「マニュアル」がリリースされるということは、
それなりに、出願があるということ?
町の発明家の出願といえば、日用品と思われます。
本書でも学習事例は、身近な品となっています。
学習事例などで、簡単なJPlatの使用方法の記載がありますが
日頃検索することのない日用品についての明細書、実際の出願は、
気になりますね。
なお、できれば本書に、具体的な最近の成功事例があれば
掲載いただきたかったところです。
(明細書の見本は「洗濯機の糸くず取り具」でした。)
170516.jpg
nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

今日のLIVE 「5.10 C大阪-新潟」 [セレッソ]

今日のLIVE 「5.10 C大阪-新潟」(キンチョウスタジアム)

今年はJ1に昇格したので、YBCルヴァンカップへも参戦。
ほぼ2か月ぶりの、ホームでのYBCルヴァンカップの試合。
平日でしたが、観戦に子どもと長居へ。
170511.jpg
YBCルヴァンカップということで、前回と同様に
キックターゲットなどのイベントが、試合前にありました。
子どもと参加し、チップをいただきました。ラッキー。
170512.jpg
今日の相手は、新潟。
下位に低迷しており、監督がおらず、コーチが監督代行でした。
170513.jpg
次のJ1の試合が日曜にあるため、いつもとやや異なるメンバー。
FWは、サントス選手でした。
170514.jpg
試合ですが、前半は得点なく、0-0。
シュート数も少なく、今一つつながらない印象。
後半の終盤、ゴール前にあげた丸橋選手のボールに
FWのサントス選手が触れなかったものの、そのままゴール。
なんとか勝利となりました。
170515.jpg
これで、Bグループ2位をキープ。
次は5/24、同じくキンチョウにて、1位の神戸と対戦です。
勝利してほしいですね。
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「人工知能の時代の機械翻訳の現状と今後の弁理士業務への影響」 [その他]

「人工知能の時代の機械翻訳の現状と今後の弁理士業務への影響」

5月になり、研修所主催の研修会に、今月初めて参加しました。
今回は「TV配信」への参加で、タイトルは「人工知能の時代の機械翻訳の現状と
今後の弁理士業務への影響」です。

3名の講師の先生が、それぞれ以下のテーマにて、順次講演。
その後、30分程度の質疑応答がありました。
1.統計的機械翻訳の仕組みと特許翻訳への応用
  奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 須藤克仁先生
2.ニューラル機械翻訳の基礎
  京都大学大学院 情報学研究科 JST研究員 中澤敏明先生
3.日本語の素晴らしさとユーザーの機械翻訳への大きな期待
  弁理士 奥山尚一先生
SMTからNMTへの流れはあるものの、NMTにはまだ欠点も多いとのこと。
特許明細書への利用を考えると、NMTの訳抜けは致命的な欠陥となります。
明細書作成者としては、機械翻訳を意識しなければなりませんが、
利点を上手に活かして使用することが、重要となりそうな印象。

今月もいろいろな研修に参加予定。
学ぶべきこと、情報収集すべきことはまだまだ多いです。
nice!(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

今日のオリックス 「告知ポスター:裏 関西対決」 [オリックス]

今日のオリックス 「告知ポスター:裏 関西対決」

今年のオリックス、まずまずのすべり出し。
ゴールデンウィークに4連敗したものの、まだ貯金はあり、
なんとかAクラスをキープしています。

さて、公式戦の新しい告知ポスターです。
「告知ポスター:裏 関西対決」
今月末からスタートする、交流戦の告知です。
今年は、ヤクルト、阪神、中日とホームで対戦。
ポスターのテーマは、裏 関西対決!
ここでは、
・平野 VS 糸井 (京都出身)
・中島 VS 山田 (兵庫出身)
・T-岡田 VS 平田(大阪出身)
をピックアップ。
とても熱い戦いとなりそうです。
さて、怪我で離脱している吉田選手が、いよいよ復帰。
期待しております。
170510.jpg
nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

今日の本 「山女日記」 [本]

今日の本 「山女日記」(湊かなえ/幻冬舎文庫:16年)

「山猫珈琲 上巻」を読んだばかりですが、もう一冊、湊さんの本の
記事となります。
既にチェック済の「山女日記」ですが、昨年半ばに文庫化。
一応手にしてみたところ、新たな短編が収録されていました。

新たに収録された短編は、「山と渓谷」に掲載された、
「カラフェスに行こう」。
先にリリースされた単行本の短編と、つながりのある内容。
もちろん登山に関わる話でナイス。
さらに文庫化にあたり、モデルのKIKIさんの解説も収録。
本作、ミステリーではないストーリーですが、私は好きです。
未見ですが、この「山女日記」、BSプレミアムにて
映像化もされていたようですね。
知らなかった...

さて、次のリリース予定はまだ未定のようですが、
まだ未読の「山猫珈琲 下巻」をまずは読まねば。
170509.jpg
nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

先週の弓道 [弓]

先週の弓道

今年も京都大会には不参加でしたので
連休中もいつもの練習でした。

最近、射についていろいろ悩んでおりますが、
やはり、以前から直っていない顔向けを
なんとかせねばと思い、今回はこの点のみに
注意して練習。
ただ、顔向けばかりに集中すると
どうも射が小さくなる印象。
難しいですね。

引き続き、次週も修練。

「米国知的財産権法協会(AIPLA) 代表団による講演会」 [その他]

「米国知的財産権法協会(AIPLA) 代表団による講演会」

先月になりますが、AIPLA代表団による講演会に参加しました。
本講演会は、2会場で実施され、私が参加したのは大阪のほうです。
AMにはワークショップが開催されましたが、私が参加したのは
PMの講演会のみです。

講演会にて取り上げられたトピックスは以下となります。
(1)クレーム解釈、クレーム範囲の減縮、効果的な審判請求書の記載等の
   手続上の留意点
(2)最近の重要な最高裁判決の解説
(3)米国に子会社を有する外国企業が直面する輸出その他の問題点
(4)コンピュータ関連発明にまつわる特許法101条に関する最新情報
これらのトピックスについての講演後には、模擬形式でのデポジション実演も
実施されました。
なお(2)については東京と講師が異なり、Neil Henderson先生が
実施されました。
日頃知ることがない、デポジション実演が興味深かったです。
万が一証人となった場合は、相当な注意が必要ですね。
まだまだ勉強すべきことは多いです。

5月も様々な内容の研修会等に参加の予定です。
nice!(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

今日の美術「クエイ兄弟 ―ファントム・ミュージアム―」 [美術]

今日の美術「クエイ兄弟 ―ファントム・ミュージアム―」(三菱地所アルティアム)

先日、福岡に行った際、1月に「岡崎京子展」を観た三菱地所アルティアムへ
行ってきました。
今回のイベントは「クエイ兄弟 ―ファントム・ミュージアム―」です。
http://artium.jp/exhibition/2017/17-01-quaybrothers/

会場では、映像作品に加えて、模型、ドローイング「黒の素描」などを展示。
平日に伺ったため、映像作品は、代表作7作品のダイジェスト映像を
ループで流していました。
映像作品は、既に観たものもありましたが、興味深い作品ばかり。
展示品は、これまで観たことのない作品ばかりででした。
かなり若いころから、とても刺激的な作品を生み出していたのですね。

さて、この展示。残念ながら、今日5/7まで。
次回は、5/13から、
「シンプルの正体 ディック・ブルーナのデザイン展」
となります。こちらもできれば行きたいですね。
http://artium.jp/exhibition/2017/17-01-brunadesign/
170432.jpg
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

今日の本 「山猫珈琲 上巻」 [本]

今日の本 「山猫珈琲 上巻」(湊かなえ/双葉社:16年)

昨年読んだ「ポイズンドーター・ホーリーマザー」以来となりますが
湊かなえさんの著作を手にしました。
今回は、小説ではなく、初のエッセイ集。

著者は、湊かなえさん。
「リバース」が文庫となり、TVドラマ化されていますね。

本書は上巻。上下巻で刊行され、3部構成。
この上巻は、第1部のみで、新聞に掲載されたエッセイを収録。
神戸新聞、朝日新聞、日本経済新聞に連載され、
朝日新聞の「猫派ですが、」は、現在も継続中とのこと。
内容ですが、エッセイですので、現在住まわれている淡路島関連の
話がとても多いです。
特に「食」。
関西に住んでいるものの、淡路島へ行ったのは、まだ1度のみ。
鯛そうめん、生しらす丼、鱧、牛丼など、
ぜひ味わってみたいものですね。

引き続き、下巻もよんでみようと思います。
170508.jpg
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「クレーム解釈等の理論的課題 -近時の裁判例を素材に-」 [その他]

「クレーム解釈等の理論的課題 -近時の裁判例を素材に-」

先月になりますが、滋賀地区会による研修会に参加してきました。
滋賀地区ですので、会場は草津市立まちづくりセンターでした。

講師は、京都大学大学院法学研究科 教授である、愛知靖之先生。

テーマは「クレーム解釈等の理論的課題」。
クレーム解釈論をめぐる理論的課題を、近時の裁判例を手がかりに
検討、解説する内容でした。
研修は、以下の3パートから構成。
・審査経過禁反言及び出願時同効材
・プロダクト・バイ・プロセス・クレーム
・用法、用量により特定したクレーム
1.5時間の研修で、スライドは86ページ。
かなりのボリュームでしたが、近時の裁判例までサポートされていて
とても興味深く、勉強になりました。

また、このような機会があれば、参加したいです。
nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び