So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

今日のLIVE 「5.25 C大阪-東京」 [セレッソ]

今日のLIVE 「5.25 C大阪-東京」(ヤンマースタジアム長居)

かなりの暑さだった週末。
水曜に引き続き、セレッソ観戦に長居へ。
190540.jpg
今日の相手は東京。現在首位です。
190541.jpg
土曜開催のためか、かなりの相手サポーターが来場されていました。
190542.jpg
水曜とは入れ替えての布陣。
FWは、清武選手、メンデス選手。
190543.jpg
前半はともにゴールはなく0-0。
私は所用のため、後半を見れなかったのですが、
後半にメンデス選手のゴールがあり、
1-0にてセレッソが快勝。
首位撃破です。
この調子で、引き続き勝利を!
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

先週の弓道 [弓]

先週の弓道

気温がやたら上昇した週末。
5月とは思えない暑さでしたが、夜間に道場へ。

下筋を張ることで、大三はわりといい感じ。
しかし、会に至るところでまだ迷いが...
巻藁を動画撮影したところ、
巻藁はまずまずなのですが、的前では今一つ。
的前での練習をもっと増やさねば。

今後も暑くなりそうですが、
引き続き修練。
nice!(2)  コメント(0) 

「クレームドラフティング」 [その他]

「クレームドラフティング」

関西特許研究会、クレームドラフティング研究班の会合に
行ってきました。今年2度目の参加となります。
今回のクレームドラフティングテーマは、機械分野です。

この会合の主な目的は、
・クレーム起案+ディスカッションにより気付きを得ること
まず、参加申し込みを行うと課題が配信され、
その3週間後に起案回収。翌日に起案集が配信。
会合当日は、その起案集を持って集合。
参加の人数により、いくつかのグループに分かれて
作成したクレームについて話し合います。
今回は2つのグループでディスカッションを実施。
そして今回の具体的なテーマは「容器」。
作成されたクレームは、皆さん視点が異なり、
多くの気づきが得られ、とても勉強になります。
作成した時は、これでいいかなと思っていても
まだまだ考える余地が残されているものです。
ゴールはないのかも...

さて、今後もいろいろな会合が予定されています。平日夜の開催であり、
参加の機会は限られますが、今後も、できる限り参加したいです。
nice!(13) 
共通テーマ:資格・学び

今日の格闘技「5.19 RISE 132」 [格闘技]

今日の格闘技「5.19 RISE 132」(後楽園ホール)

先週末に開催されたRISEのナンバーシリーズ。
AbemaTVにて生放送されました。
AbemaTVでのRISEの中継は継続されるようですね。

さて、今大会ではメインでスーパーフライ級タイトル戦、
その前にRISE WORLD SERIES トーナメントに関わる2試合が
ありました。その2試合のカードは以下。
「工藤政英(RISEフェザー級王者)VS タリック・トッツ」
「梅野源治 VS イ・ギュドン」
工藤選手の試合は、RISE WORLD SERIES 58kgトーナメントのリザーブマッチ。
相手も他団体の王者でしたが、あまりいいところなく
1Rから工藤選手が圧倒。
結局、2R終盤、工藤選手がミドルキックにてKO勝利。
トーナメントにも出場する梅野選手は、RISEルールに適応するため、
志願しての参戦とのこと。
こちらも圧勝でした。2R終盤、3ダウンを奪ってのKO勝利。
メインのタイトル戦は
「田丸 辰(王者) VS 政所 仁」
政所選手は前大会で瀧谷選手に勝ち、挑戦権を得ています。
こちらは前2試合のようにはいかず、フルラウンドを戦っての判定。
僅差でしたが、判定3-0にて王者が防衛に成功。

次回のRISEは、7/21
「RISE WORLD SERIES 2019 Semi Final Round in OSAKA」
-58kg、-61kg Tournament 準決勝が組まれていますね。
那須川天心選手、梅野源治選手、裕樹選手らが大阪にやってきます。
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

今日のLIVE 「5.22 C大阪-大分」 [セレッソ]

今日のLIVE 「5.22 C大阪-大分」(ヤンマースタジアム長居)

週の初めは雨でしたが、週半ばの水曜は晴れ。
セレッソ観戦に長居へ。
190534.jpg
会場前ではルヴァンカップ恒例のゲームもありました。
190535.jpg
今回はルヴァンカップの観戦で、グループステージの最終戦。
今日の相手は大分。
190536.jpg
平日開催であり、相手は遠方の大分。
アウェイサポーターはかなり少なかったですね。
190537.jpg
カップ戦でしたがセレッソの先発はわりといつもの布陣。
FWは高木選手、柿谷選手、田中選手の3人。
190538.jpg
先制はセレッソ。前半開始早々にソウザ選手のFKでゴール。
190539.jpg
また、後半にもソウザ選手のゴールがあり、2-0にて終了。
これでグループリーグを首位で終えたセレッソ。
プレーオフステージは6月です。
さて、次のホームは5/25。相手は東京。引き続き勝利を。
nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

今日のCD「Songs From A Diary / Nick Cave & The Bad Seeds」 [CD]

今日のCD「Songs From A Diary / Nick Cave & The Bad Seeds」(19年CD)

久しぶりに Nick Cave。
連休前に購入したCDのうちの1枚です。
このCD、一般に流通はしていますが、ブートのようです。

本作、全11曲、53分あまり。
収録はアムステルダムで、1992年6月3日のLIVEとなります。
なんと20年以上も前!
その頃リリースされたアルバムは「Henry's Dream」。
でもLIVEの選曲は、その前の作品「The Good Son」からの
ほうが多いです。
トップの演奏は、名曲「The Mercy Seat」。
とてもいい感じのLIVE。
メンバーの記載はありませんが、まだブリクサがいた頃ですね。

さて、現在は欧州をツアー中のNick Cave。当然ながらどこも完売です。
http://www.nickcave.com/
来日はないようで、残念。
190533.jpg
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

今日の格闘技 「5.18 K-1 KRUSH FIGHT.101」 [格闘技]

今日の格闘技 「5.18 K-1 KRUSH FIGHT.101」(後楽園ホール)

週末の土曜に開催された K-1 KRUSH FIGHT。
今回も、AbemaTVにて生中継。
https://www.k-1.co.jp/krush/
先月から「K-1 KRUSH FIGHT」と名称が変更されています。

今回のメインはウェルター級のタイトル戦で
「木村“フィリップ”ミノル(王者)VS 近藤魁成」
挑戦者はK-1甲子園で優勝している高校生ファイター。
1R序盤、近藤選手の空振りが目立ち、決着は早いかと思ったとき
なんと飛び膝で木村選手がダウン。
その後、木村選手がパンチでダウンを奪い返して1R終了。
そして2R。木村選手がボディへのパンチで再びダウンを奪い、
さらに2度目のダウンでKO勝利。
危険なシーンもありましたが、最後は圧勝でした。
木村選手、初防衛に成功ですね。

さて、次回は、6/21 後楽園ホールで開催。
タイトル戦が2つ予定されています。
「ジョーダン・ピケオー(王者)VS 神保克哉」
「江川優生(王者)VS TETSU」
となっています。
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

今日の格闘技 「5.12 プロボクシング」 [格闘技]

今日の格闘技 「5.12 プロボクシング」(グラスゴー)

UFCではなくボクシング。
WOWOWで生中継された井上選手の試合を見ました。
この試合、注目度が高く、生中継ということで
かなり宣伝されていましたね。
何時から試合が始まるのか事前に情報を得ておらず、
6時過ぎに起きたら、もう終わっていました。
結局、生で観れず録画で観ることに...

今回は、WORLD BOXING SUPER SERIESバンタム級準決勝
& IBF世界バンタム級タイトルマッチ。
「井上尚弥(WBA王者)VS エマヌエル・ロドリゲス(IBF王者)」
ともに無敗。ともに王者。
長期戦かとも思われましたが、
2R前半で井上選手のKO勝利。
今回も圧巻でしたね。
これで世界戦の連続KO勝利は8となりました。

いよいよ次は決勝戦。
日程だけでなく、まだ開催地も未定なようですが、
次の決勝戦、とても楽しみです。
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

先週の弓道 [弓]

先週の弓道

前回練習を休んだので、2週間ぶりに道場へ。
週末の夜間、今回は練習されている方が何人かおられました。

大三を高くして、引分けを大きくする感じは
かなりつかめてきたので、
引分けから会にそのまま入ることを意識して練習。
巻藁ではまずまずですが、
的前だと、的を意識してしまい、
的に合わせてしまいます。
まだまだですね。

次の週末も引き続き修練。
nice!(13)  コメント(0) 

今日の本 「戦後経済史」 [本]

今日の本 「戦後経済史」(野口悠紀雄/日経ビジネス人文庫:19年)

-私たちはどこで間違えたのか-とのサブタイトルがついた一冊。
オビには「東京大空襲から平成まで。」とも。
2015年の単行本を文庫化。
戦後の日本経済史を俯瞰する内容と思い、興味を持って手にしました。

著者は野口悠紀雄氏。現在は早稲田大学ビジネス・ファイナンス
研究センター顧問、一橋大学名誉教授とのこと。
本書以外にも多くの著作があります。

本書、6章から構成。1940年生まれの著者が、自らの体験を交えて
日本社会、経済の変遷を総括する内容。
戦後、日本の経済がどのように発展し、90年代以降停滞しているのかが
一気通貫で理解できました。
本書を読み、この停滞はもしかするともうどうにもならないのかも
と思えました。
働くことに対する意識が、高度成長期の頃とはかなり違っている
ようなのです。
「豊かになるには、まじめに働く必要がある」という原則が
一部で成立しなくなる事態が発生してしまったのです。
一方、管理側にも問題はあるのでは?
チャレンジせず、保身に終始し、任期の間の業績を維持できればよい
と考えている方が多いような...

さて、とても著作が多いので迷いますが、野口さんの他の著作も
読んでみようと思います。
190530.jpg
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -