So-net無料ブログ作成

今日の本 「あなたの会社が壊れるとき」 [本]

今日の本 「あなたの会社が壊れるとき」(箭内昇/日経ビジネス人文庫:03年)

これは、著者が02~03年に日経新聞社のHPである「NIKKEI NET」の
経営専門サイトに連載していたコラムをまとめたものである。

元長銀の役員であり、現在コンサルティング会社を経営されている著者の
語り口は鋭く、切れ味抜群だ。
最初の「大企業病は死語ではない」から、引き込まれてしまった。
会社勤めをしている私にも、決して他人事ではなく、
不祥事を起こす体質もわからないではない。
しかし、驚いたのは、不祥事に対し会社のトップが
「私の知らないところで起きていた」
というのは、どうやら本当らしいということ。
私は報道のたびに、
「なんでそこまで部下に押し付けるのか?」
と思ったものだが。
まさに「裸の王様」そのものということか。
悪い情報ほど、トップに伝わらない という大企業病は
まれではなく、よくあること とのことだ。
確かにいくつかの例が示していた。

うーん、そうなったら会社も終わり というのはわかる。
そういう会社に入ってしまったら、伝染病のように
そういう体質に皆、飲み込まれるのだろうな。

真実はどこにある?!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0