So-net無料ブログ作成

今日の本 「組織を強くする技術の伝え方」 [本]

今日の本 「組織を強くする技術の伝え方」(畑村洋太郎/講談社現代新書:06年)

~団塊の世代の大量退職~という問題に限らず、
『技術を伝える』ということは、非常に難しく、重要な課題だったりする。
会社というのは、それまで習ってきた分野の異なる人の集合、
それぞれのバックグラウンドが様々、ゆえに異種格闘技状態(笑)。
互いの意思が伝わらないことも、度々。
そんな日常を過ごす中、ふと手にしたのが本書。

著者は、畑村洋太郎氏。調べると非常に多くの著作がありましたが、私が読むのは初めて。
大学卒業後、一旦メーカに就職するものの、大学に復帰。
東京大学大学院教授を経て、現在、工学院大学グローバルエンジニアリング学部教授とのこと。
メーカに在籍(実習経験)したことが、大きな財産になったと実感されています。

さて、本書には、-いかに技術を効果的に伝えるか- について、
段階を踏んで細かく解説されています。
技術者の書く文章、とても論理的な展開が清々しいですね。

私が、日頃、こうできたらいいな、と思っていることも中ほどに書かれていました。
それは、
 伝える相手に「自分が人に伝えるときのことを意識させる」
ということ。これは、遡れば高校の数学に先生に言われたことでもあります。
三角関数の授業で、その先生は、
「家に帰って母親に、今日習った三角関数、説明できるか?
 説明できへんかったら、わかってないということや。」
そのときは、何となく聞いていたのですが、後になって納得できましたね。

技術を伝え、人を育てる。永遠の課題かも...
080312.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0