So-net無料ブログ作成

今日の本「バルサ対マンU」 [本]

今日の本「バルサ対マンU」(杉山茂樹/光文社新書453:10年)

-「世界最高の一戦」を読み解く-とのサブタイトルがついた一冊。
W杯前に、同じ著者の「4-2-3-1」を読みましたが、気になっていた
もう1冊をようやく手にしました。

著者は、杉山茂樹氏。スポーツライター。世界各地の試合を300試合以上観戦!
サッカーに関する著作が多数あり。「4-2-3-1」は、10万部を突破とのこと。

さて本書、2009年5月のチャンピオンズリーグ決勝「バルサ対マンU」に
焦点をあて、その中で、過去からのチャンピオンズリーグや戦い方、布陣について
さらに日本のサッカーについても深く語る内容。
先に読んだ「4-2-3-1」と同様にわかりやすい解説。
まるで、目の前で選手の動きが再現されるような感じ。
ナイスな1冊。
できれば、W杯の前に読んでおきたかった(苦笑)。

で、この一戦、バルサが勝利したわけですが、既に終わった今年の決勝は
「バイエルン VS インテル」
そう、バルサは連覇できなかったのですね。
さて、今年のチャンピオンリーグは、いよいよ開幕!
これまで、あまり注目してこなかったチャンピオンズリーグなのですが、
W杯を戦った選手も様々なクラブに所属。今年からチェックしたいと思います。
100916.jpg
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0