So-net無料ブログ作成

今日の本 「発明を生む基本書」 [本]

今日の本 「発明を生む基本書」(さとう秀徳/発明推進協会:12年)

-技術者・研究者なら必ず身につけたい発明の要所-とのサブタイトルのついた一冊。
発明推進協会からリリースされた、アイデア創出に関わる内容です。
日頃、特許作成の業務にも参加しているため、興味を持って手にしました。

著者はさとう秀徳氏。東洋紡(株)総合研究所、公文教育研究会を経て、
1983年に創造システム研究所を設立とのこと。本書以外にも多数の著作あり。
http://homepage3.nifty.com/sozo/

本書、5章から構成。前半3章にて、多数の事例とともに発明について概説し、
後半の2章で、具体的に、発明を創出する技法を解説しています。
後半にて、著者の薦めるのが「スパーク発想法」。
 ①テーマ、②視点、③ヒント、④アイデア
の流れで発想する方法。
(テーマを設定し、視点を決め、ヒントを得て、アイデアが出る)
確かに、一つ一つ、明確にして進めることで、明確に状況が把握できますね。
そして、視点は6つに分類されるとも。
 ・状況視点、・ヒト視点、・理想視点
 ・変換視点 ・客観視点 ・他力視点

タイトルに『基本書』とあるように、アイデア創出の非常にベーシックな点に
ついて、多くの事例と共にわかりやすく解説する本書、ナイスでした。
ま、あとは、実践ですね。多くの先人者に負けぬよう、広い視野を持って
対処していきたいものです。
121039.jpg
nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 11

コメント 2

FUCKINTOSH66

こういう本を読んでいると、研究者でもなんでもないけど凡人なりにでも生きてる間になにか1つくらい発明したい!という気持ちにかられてしまいますw

>「スパーク発想法」
なんか生まれそうな響きですね!スパーク☆
by FUCKINTOSH66 (2012-11-03 01:29) 

TBM

>FUCKINTOSH66さま、niceとコメントありがとうございます。
本書、エジソンや井深さん、本田さんらの過去の事例を
多数取り上げているのですが、やはり
「思い込み、固定観念から抜け出せ!」
てのが大事とのこと。
柔軟なFさんでしたら、あっさりとアイデアが転がりでるのでは
ないでしょうか? うん、スパーク!
by TBM (2012-11-04 00:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0