So-net無料ブログ作成

今日の本 「ブリティッシュ・ロックの真実」 [本]

今日の本 「ブリティッシュ・ロックの真実」(中山康樹/河出書房新社:13年)

昨年前半は、ストーンズ関連の著作を何冊か読みましたが、
久しぶりに中山氏の著作を手にしました。
リリースは昨年末で、半年ちょっと経っていますが。

著者は中山康樹氏。元「スイングジャーナル」編集長。
「マイルスにいちばん近い日本人」といわれているとのこと。

本書、10章から構成。
1970年に至るまでの、イギリスにおけるロックの軌跡を
多角的に捉えた内容。各章末には、アルバムガイドも。
単に歴史をなぞるのではなく、様々な視点から考察されており、
さすが中山氏、と思える一冊です。
私として、最も気になったのは、4章に登場する
オルガン奏者のグレアム ボンド。
音は聴いたことがなく、気になるところ。
また、アルバム「ソリッド ボンド」には、渡米前の
ジョン マクラフリンが参加しているというのです。
これは聴いてみねば!

さて、その後もリリースの多い、中山氏。
引き続き読もうと思っています。
140735.jpg
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0