So-net無料ブログ作成

今日の本 「NPE訴訟と新知財戦略」 [本]

今日の本 「NPE訴訟と新知財戦略」(ダニエル・マクドナルド/幻冬舎ルネッサンス:13年)

-日本企業が米国式特許ビジネスで成長するために-とのサブタイトルのついた一冊。
昨年12月に、「なぜ特許世界一の日本が国際訴訟で苦戦するのか?」を
読んだばかりですが、もう1冊、関連本を手にしました。
(こちらのほうが、リリースは先ですが)

著者は、ダニエル・マクドナルド氏。法律事務所マーチャント&グールド弁護士。
訳者は、佐々木隆仁氏、杉浦和彦氏。

本書、国際知財紛争の攻め方と守り方について、「米国最高の弁護士」の一人にも
選出された、ダニエル・マクドナルド氏が解説する内容。
NPEとは、Non-Practicing Entity(特許不実施主体)の略であり、
「パテント・トロール」とは言わず、中立的な表現をとっているとのこと。
なかなか知財紛争に対処するのは難しそうなのですが、
本書を読む限り、事前にできることは、自社で特許を取っておくこと、
そして、訴訟になったら、何とか相手の権利を無効化すること、
になるでしょうか。
無効化するにも、もちろん費用はかかりますが、訴訟にかかる費用に比べると
安価だとのことです。

また、本書、日本版には独自に、「まとめ」、「コラム」を各章末に加筆されています。
知識の整理に役立ちますので、この加筆はありがたいですね。
150207.jpg
nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0