So-net無料ブログ作成

「特許調査の基本的な考え方と効率的な調査方法」 [その他]

「特許調査の基本的な考え方と効率的な調査方法」

研修所主催の研修会、「特許調査の基本的な考え方と効率的な
調査方法」に参加してきました。
この研修会は2会場で実施され、私が参加したのは大阪のほうです。

講師は、弁理士である 尼崎浩史先生。
特許検索競技大会で最優秀賞を受賞されている検索のスペシャリスト。
今回は、商用データベースでなく、一般的な「J-PlatPat」の
使用を想定しての解説。
課題は、特許検索競技大会の課題を流用。
すっかり忘れていましたが、この課題、見ています。
この年のフィードバックセミナーに参加しましたので。
http://tbm.blog.so-net.ne.jp/2014-03-01
ベーシックコースには、大会そのものにも参加していますね。
さて研修ですが、「J-PlatPat」であっても、十分使いこなせば、
特許検索競技大会の課題を攻略できる感触。
講師自身のノウハウも含めて解説いただき、とても勉強になりました。

今回学んだことを実際の検索に活かして、
検索の精度、効率をさらに上げていきたいものです。
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0