So-net無料ブログ作成

今日の本 「マイルス・デイヴィス ビッチェズ・ブリュー」 [本]

今日の本 「マイルス・デイヴィス ビッチェズ・ブリュー」(ジョージ・グレラ・ジュニア/スモール出版:16年)

エレ化マイルスの衝撃の作品「ビッチェズ・ブリュー」。
関連本がリリースされましたので、手にしました。
オビには、「発売当時、賛否両論を巻き起こした世紀の問題作の謎を解明する」
とあります。

著者のジョージ・グレラ・ジュニアさんは、ニューヨークのブルックリンに
在住するミュージシャン、作曲家、評論家とのこと。
訳は、川嶋文丸氏。

6章から構成。オビに「世紀の問題作の謎を解明」とあるように、
マイルス作「ビッチェズ・ブリュー」の制作過程や楽曲の詳細について
解説していく内容。
ただ、序盤は、「ビッチェズ・ブリュー」に至るマイルスの音楽活動に
焦点を当てています。
これまでに読んだマイルス関連本にはあまり記載のなかったような
参加ミュージシャンによる、制作過程のコメントが興味深かったです。
完成作品を聴くまで、まるで全貌が不明だったとか...
それでも、作品として完結。素晴らしいです。

さて、本作はアメリカでひとつのアルバムだけをテーマとして論評する
シリーズの一冊とのこと。すでに116冊が刊行済だとか。
翻訳されているものが、他にもあるようですので、読んでみたいです
170431.jpg
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0