So-net無料ブログ作成

今日の本 「人の心は読めるか?」 [本]

今日の本 「人の心は読めるか?」(ニコラス・エプリー/ハヤカワ文庫:17年)

-本音と誤解の心理学-とのサブタイトルがついた一冊。
15年の単行本を文庫化。サブタイトルは文庫化の際につけられたようです。
ユニークなタイトルに惹かれて手にしました。

著者はニコラス・エプリーさん。心理学を専門とする、シカゴ大学
ブース・ビジネススクール教授とのこと。
訳は、波多野理彩子さん。

本書、4部、8章から構成。
人は予想以上に相手の心が読めていないということが
様々なデータからも、改めて理解させられる内容。
当然といえば、当然なのかも。
なぜなら、相手の心どころか、自分の心ですら、
人はよくわかっていないのではないでしょうか?
結局のところ、8章に記載されているように
・相手の視点に立って考えても逆効果の場合があるので、
 直接聞いてみよう
が結論ですかね。

ハヤカワNFのシリーズ。まだまだおもしろそうな本がたくさんありますので
引き続き、読んでみたいです。
170839.jpg
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。