So-net無料ブログ作成

今日の本 「CIAの秘密戦争」 [本]

今日の本 「CIAの秘密戦争」(マーク・マゼッティ/ハヤカワ文庫:17年)

-変貌する巨大情報機関-とのサブタイトルがついた一冊。
16年の単行本を文庫化。このサブタイトルは文庫化の際につけられたようです。
興味深いタイトルであり、手にしました。

著者はマーク・マゼッティさん。ニューヨーク・タイムズの記者で、
現在は、同紙「ワシントン調査チーム」エディターとのこと。
訳は、小谷賢さん、池田美紀さん。

本書、16章から構成。
変わりゆく組織、CIAの変遷を、ジャーナリストが鮮やかにせまる内容。
正直なところ、CIAの詳細は、全く知りませんでした。
アメリカにおいて、情報収集を担う強固な組織というイメージのみ。
しかし、実情はかなり異なっていました。
組織の縮小、拡大があり、ペンタゴンとは確執を深め、
さらには、ドローンを使ったテロ関係者の殺害まで...
いやいや、恐ろしい限り。
かなりボリュームがあり、内容を総括するのは難しいです。
入手できる情報は限られていますが、このようなアメリカの動向には
注意したいところです。

ハヤカワNFのシリーズ。まだまだおもしろそうな本がたくさんありますので
引き続き、読んでいく予定です。
170924.jpg
nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:

nice! 11

コメント 2

末尾ルコ(アルベール)

この手の本、大好きです(笑)!わたしもチェックしてみます。 RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2017-09-27 00:49) 

TBM

>RUKO さま、niceとコメントありがとうございます。
普段、なかなか知ることのない内容であり、
とても興味深かったです!
by TBM (2017-09-27 22:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。