So-net無料ブログ作成

今日の本「60歳からの脳にいいパズルはどっち?」 [本]

今日の本「60歳からの脳にいいパズルはどっち?」(北村良子/コスモ21:17年)

少し前に「論理的思考力を鍛える33の思考実験」を読みましたが、
その著者である北村さんの本を、もう一冊手にしました。

著者は北村良子さん。有限会社イーソフィア代表であり、
他にも思考実験やパズルなどの著作があります。

本書、4章から構成。前半は解説が中心で、後半は「体験型知能向きパズル」、
「回転型知能向きパズル」の例題を中心とした内容。
年齢とともに衰える傾向があるのが「回転型知能」。
そして年齢とともに上昇傾向にあるのが「体験型知能」とのこと。
後半各章の末尾には、日常生活において、各知能を高める10の方法が
記載されていました。それぞれピックアップすると以下になります。
「回転型知能」
 新聞などを読むときになるべく素早く読む/右手と左手で違うことをする/
 ズバッと決める/頭の中に計算教室を作る/人と積極的に会話する/
 新たな趣味を見つける/料理を作る/ボードゲームを楽しむ/
 気軽に楽しめるスポーツをやる/栄養の偏りがない食生活を心がける
「体験型知能」
 覚えようと意識する/よく歩く/紙の地図で初めての街を歩く/
 行動を起こす/本やラジオ、映画などを活用する/睡眠を十分とる/
 感動体験をする/昔の記憶を呼び戻してみる/嗅覚を使う/
 技術や知識を積み上げる趣味を持つ
いろいろありますね。
タイトルにある「60歳」には到達しておりませんが、
できるものから行って、少なくとも知能を維持指していきたいです。
180206.jpg
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。