So-net無料ブログ作成

「第四次産業革命と知的財産」 [その他]

「第四次産業革命と知的財産」

大阪工業大学 知的財産研究科が主催する関西知的財産セミナーに行ってきました。
本セミナーは、大阪工業大学の梅田キャンパスにて定期的に開催されており
知財の学びの機会を一般に提供するセミナーです。
私としては2度目の参加で、今回のテーマは、「第四次産業革命と知的財産」です。
180807.jpg
講師は金沢工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科長・教授、
大阪工業大学客員教授、元通商産業省事務次官で、
弁護士・弁理士である棚橋祐治先生。

IoT、ビッグデータ、AIなどが絡む第四次産業革命は、知的財産の分野に
変革を要求しています。
本講義では、棚橋先生の連載「知財の深層を探る」をベースに
不正競争防止法の法改正も含め、第四次産業革命と知的財産について
解説いただきました。
まずは限定提供データについてが、不正競争防止法に盛り込まれました。
営業秘密の要件は、秘密管理性、非公知性、有用性でしたが、
限定提供データの要件は、限定提供性、電磁的管理性、相当蓄積性となっています。
今後はAIについても、著作権や特許法に規定されることになるのでしょうか。
特許庁等においての、今後の検討、動きには注意したいです。

さて、今後もいろいろなテーマでセミナーが予定されています。
2018/8/31(FRI) 16:30-19:00
「経営をデザインする(知財のビジネス価値評価)
~経営デザインシートを用いた新たな価値創造メカニズムと移行戦略のデザイン~」
2018/8/22(WED) 13:00-16:50
「デザイン経営によるイノベーションの実現と知的財産権の活用による成果の保護
~どのように競争優位を実現し、成果を保護するか~」
平日の開催であり、参加の機会は限られますが、
今後も、できる限り参加したいです。
180808.jpg
nice!(13) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 13