So-net無料ブログ作成

今日の映画 「ちょっとの雨ならがまん」 [映画]

今日の映画 「ちょっとの雨ならがまん」

7月の「ライバッハ・デイ」に引き続き、音楽に係るドキュメンタリー映画を
観てきました。タイトルは「ちょっとの雨ならがまん」です。
http://silvergelatin.main.jp/movie/chottonoame-feb/

監督は安田潤司氏。
初公開は1984年。伝説のドキュメンタリー・パンク映画。
80年代半ばころ、この「ちょっとの雨ならがまん」、そして「裸の24時間」が
音楽インディーズ映画として、LIVEハウスなどで上映されていました。
確か、今はないエッグプラントなんかでも上映されていたような...
氷室京介さんが主演していた「裸の24時間」は、アナーキーの
藤沼さんが出演していたので何とか観たのですが、
「ちょっとの雨ならがまん」は、タイミングが合わずに、
気になりながらも未見でした。
あれから、もう30年。ようやく観ることができました。

当時活動していたハードコアパンクバンドを中心としたインタビュー、
演奏シーンで構成。貴重な映像が満載。
石井聰亙監督のバンドでのLIVE映像なんて初めて観ましたね。
私としては、この映画に登場したアーティストで、当時、LIVEハウスで実際に
観たのは、ZELDAと町田町蔵くらいなので、
他のバンドの映像はとても興味深かったです。

このあたりのバンドの音源も改めて聴いてみようかと思います。
180916.jpg
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。