So-net無料ブログ作成

「中国知財の最新事情及び中国の実用新案制度の現状とその注意点」 [その他]

「中国知財の最新事情及び中国の実用新案制度の現状とその注意点」

私としては、11月2度目の弁理士会の研修会に参加しました。
今回のタイトルは、「中国知財の最新事情及び中国の実用新案制度の
現状とその注意点」。
AMからの開催で、聴講者はやや少なめでした。

講師は北京聿宏知知識産権代理有限公司 副所長兼日本知財部部長
である霍玉娟先生。日本語での講義でした。

講義は以下の2部から構成。
・中国における知的財産権の司法保護に関する概要
・中国知財の最新事情及び中国の実用新案制度の現状とその注意点
前半の講義では、最近の司法に係る情報、特許紛争事例について
解説いただき、後半では中国でとても出願の多い実用新案の現状、
注意点についてをお話しいただきました。
私としては、中国に実用新案で出願したことはないのですが
製品の形状、構造、その組み合わせに係る案件は、実用新案での
出願でもよさそうな印象。
特許業界の現状で少々驚いたのが、中国の弁理士試験合格者数。
2017年の合格者は、5094人!
日本のおよそ20倍の合格者ですね。

大きな法改正がたびたび行われている中国。
今後の動向にも注意したいところです。
nice!(7) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 7