So-net無料ブログ作成

今日の本 「理科の教室」 [本]

今日の本 「理科の教室」(松岡正剛/角川ソフィア文庫:18年)

-千夜千冊エディション-とのサブタイトルがついた一冊。
オビには「ふやふやした生き物がいたら、ちょっとさわってみる。
あとの人生が変わってくる。」とも。

著者は松岡正剛氏。編集工学研究所所長、イシス編集学校校長であり、
日本文化研究の第一人者。本書以外にも多数の著作があります。

本書、4章から構成。「千夜千冊エディション」とは、著者のブック
ナビゲーションサイト「千夜千冊」を加筆修正して再構成したもの。
本書では理科に関わる著作を4章に分類し、紹介しています。
読んだものもありましたが数冊程度。
未読で特に気になったのは三木氏の「胎児の世界」。
まえがきの1行目も引用されているのですが、とても惹きつけられます。
また、「千夜千冊」として紹介されていない本も多数登場し、
その中で気になったのは
・フクロウ-私の探梟記
・木材なんでも小事典
私が日頃手にすることのない分野においても、
魅力的な本ばかり登場していますので、いろいろ読んでみたいです。
190211.jpg
nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。