So-net無料ブログ作成

今日の本 「孫子 現代語訳」 [本]

今日の本 「孫子 現代語訳」(杉之尾宜生 編著/日経ビジネス人文庫:19年)

オビには「不朽の名著を軍事論のプロが翻訳」とも。
2014年の単行本を文庫化。
ビジネス書などでも引用されて目にすることも多い「孫子」。
興味を持って手にしました。

編著は杉之尾宜生氏。防衛大学校助教授・教授等を経て、
現在は(株)陽雄顧問、戦略研究学会顧問、日本クラウゼヴィッツ学会顧問、
孫子経営塾顧問とのこと。本書以外にもたくさんの著作があります。

本書、13章から構成。「孫子」の原典13篇を
現代語訳、読み下し文、用語解説から読み解く内容。
末尾の解説では、構成の解説もあり、
「孫子」に記された内容は、すっきりと頭に入りました。
「はじめに」において一言で総括するなら、九変篇(16)と
されています。
私として、特に気になった箇所は以下。
軍形篇(4)
・勝利の理論・方法を知ることと、勝利を実現する能力とは、
 必ずしも一致するものではない。
勢篇(18)
・混乱は秩序の中に、臆病は勇気の中に、弱さは強さの中に
 潜在している。
なるほど、と思いましたね。

杉之尾宜生氏の他の著作も気になるところです。
190330.jpg
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。