So-net無料ブログ作成

「中国知的財産の動向及び中国専利法改正の注目点」 [その他]

「中国知的財産の動向及び中国専利法改正の注目点」

大阪工業大学 知的財産研究科が主催する関西知的財産セミナーに行ってきました。
本セミナーは、大阪工業大学の梅田キャンパスにて定期的に開催されるもので、
知財の学びの機会を一般に提供するセミナーです。
今回は、今年度最初の開催で、今回のテーマは、「中国知的財産の動向
及び中国専利法改正の注目点、商標法改正後の実務作業の進展
並びに日本企業の対処方法の提言」です。

講師は、北京東方億思知識産権代理有限責任公司の張永玉先生、
同じく北京東方億思知識産権代理有限責任公司の林星先生。

講師の方々がそれぞれのテーマで1時間弱の講義を行い、
各テーマ毎に、質疑応答の時間が設けられました。
私として、特に気になったのは最初のテーマで紹介いただいた
「専利法第4回改正案」。
2020年施行の予定で、目的は以下の3点。
・保護を強化、・専利実施と運用を促進、・専利権付与制度を改善
具体的に保護の強化については、賠償金額の向上、立証責任整備化など。
専利権付与制度の改善については、意匠権のについて改正が
予定されています。
日本から中国への出願は多いですので、改正の内容には注意したいです。

さて、今月末からここで10回にわたり、継続研修の単位認定のある
セミナーが開催されます。
可能な限り、参加したいですね。
190417.jpg
190418.jpg
nice!(12) 

nice! 12