So-net無料ブログ作成

今日の本 「ダーウィンの覗き穴」 [本]

今日の本 「ダーウィンの覗き穴」(メノ・スヒルトハウゼン/早川書房:19年)

-虫たちの性生活がすごいんです-とのサブタイトルがついた一冊。
オビには「Web連載で累計10万ビュー」とも。
2016年リリースの単行本のマンガ版です。
単行本は未読ですが、日高トモキチさんが漫画化されたので手にしました。

著者はメノ・スヒルトハウゼン氏。現在はナチュラリス生物多様性センターの
リサーチ・サイエンティスト、ライデン大学教授とのこと。
日高トモキチさんは、漫画家、イラストレーター。

本書、15章から構成。
虫に限らず、人間も含めて、進化にまつわる生殖の謎を
解き明かす内容。驚きの連続です。
動物界の雌は受精させる精子を選ぶために
以下のような仕掛けを持っているとのこと。
 空振りを強要する「ドライセックス」
 射精前に逃亡
 注入された精子の排出
 体内バルブ等の通せんぼ
 精子を一旦保管して使うか後で決める
雌は受動的な精子受け入れ装置などではないのだそうです。
複雑で高度なしくみにびっくりです。
まだまだ知らないことだらけですね。

さて、本書の元となった単行本も読んでみたいと思います。
190605.jpg
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。