So-net無料ブログ作成

今日の本 「できない脳ほど自信過剰」 [本]

今日の本 「できない脳ほど自信過剰」(池谷裕二/朝日新聞出版:17年)

-パテカトルの万脳薬-とのサブタイトルがついた一冊。
少し前に文庫化された「脳はなにげに不公平」を記事にしましたが
2年前にリリースされていた「脳はなにげに不公平」の続編を
図書館にて手にしました。

著者は脳に関する研究を継続されている池谷裕二先生。
現在は、東京大学薬学部教授とのこと。

本書、6章から構成。「脳はなにげに不公平」と同様に
「週刊朝日」に連載されていたコラムをまとめたもの。
雑誌の掲載順ではなく、関連する内容毎に各章に分類され、
それぞれは10~15くらいのテーマで構成されています。
内容は、世界各国から発信されている、最新の研究内容から
興味深いものをピックアップしての紹介。
私として、気になったのは、
「死ぬ瞬間、脳はどうなるのか?」
心臓が停止してから、3つのステージがあり、
なんと最後のステージでは、ガンマ波が現れ、脳全体で
同期していたというのです。
臨死体験で語られる感覚が、脳科学的に証明されたのかも?

さて、引き続き池谷さんの本を手にしましたが
未読の本がまだありますね。読まねば。
190716.jpg
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。