So-net無料ブログ作成

今日の映画 「セメントの記憶」 [映画]

今日の映画 「セメントの記憶」

およそ3か月ぶりの劇場での映画鑑賞。
今回はドキュメンタリー映画で
「セメントの記憶」を観てきました。
https://www.sunny-film.com/cementkioku

監督・脚本は、ジアード・クルスーム氏、撮影監督は、タラール・クーリ氏。
ジアード・クルスーム氏は、祖国を亡命した元シリア兵とのこと。
本作は、中東のパリ、ベイルートの超高層ビルの建設現場で働く
シリア人移民労働者の受難を描いたドキュメンタリー。
シリア関連の作品は「それでも僕は帰る」、「ラジオ・コバニ」、
「ラッカは静かに虐殺されている」を観ていますが、
この作品もシリアに関わる作品です。
戦争と建設、破壊と創造が織りなす世界。
この対比が、とても痛く、心に刺さります。
さらに驚いたのは、建設に関わる方々が素手で作業されていること。
生活のみならず、厳しい作業環境が伝わってきました。

また、この作品以外にもシリアに関わる映画が上映されます。
「アレッポ 最後の男たち 」です。
観に行きたいと思います。
190442.jpg
nice!(12)  コメント(0)