So-net無料ブログ作成

今日の本 「戦後経済史」 [本]

今日の本 「戦後経済史」(野口悠紀雄/日経ビジネス人文庫:19年)

-私たちはどこで間違えたのか-とのサブタイトルがついた一冊。
オビには「東京大空襲から平成まで。」とも。
2015年の単行本を文庫化。
戦後の日本経済史を俯瞰する内容と思い、興味を持って手にしました。

著者は野口悠紀雄氏。現在は早稲田大学ビジネス・ファイナンス
研究センター顧問、一橋大学名誉教授とのこと。
本書以外にも多くの著作があります。

本書、6章から構成。1940年生まれの著者が、自らの体験を交えて
日本社会、経済の変遷を総括する内容。
戦後、日本の経済がどのように発展し、90年代以降停滞しているのかが
一気通貫で理解できました。
本書を読み、この停滞はもしかするともうどうにもならないのかも
と思えました。
働くことに対する意識が、高度成長期の頃とはかなり違っている
ようなのです。
「豊かになるには、まじめに働く必要がある」という原則が
一部で成立しなくなる事態が発生してしまったのです。
一方、管理側にも問題はあるのでは?
チャレンジせず、保身に終始し、任期の間の業績を維持できればよい
と考えている方が多いような...

さて、とても著作が多いので迷いますが、野口さんの他の著作も
読んでみようと思います。
190530.jpg
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日の本 「プレイボール2 5」 [本]

今日の本 「プレイボール2 5」(コージィ城倉/ジャンプコミックス:19年)

コージィ城倉さんが時を超えて連載を引き継いだ「プレイボール」。
賛否あるようですが、継続して「グランドジャンプ」に連載中。
4巻のリリースから、かなり間隔が空きましたが
ようやく5巻がリリースされましたので手にしました。

5巻のタイトルは「イガラシの快進撃の巻」。
そしてオビには「おい近藤!キャプテン2始まるみてぇだぞ」と
あります。
なんとプレイボールに引き続き、キャプテンまで
再開されるようですね。
今後は、同時並行で連載されるのでしょうか?
気になりますね。

さて、「プレイボール2」の次巻は8月にリリースされるようです。
今後の展開が楽しみ。
190504.jpg
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日の本 「ハーバードの個性学入門」 [本]

今日の本 「ハーバードの個性学入門」(トッド・ローズ/ハヤカワ文庫NF:19年)

-平均思考は捨てなさいへ-とのサブタイトルがついた一冊。
オビには「世界最高峰の大学で解き明かされた「個」の力とは?」とも。
2017年の単行本を文庫化。平均のデメリットについて
興味を持って手にしました。

著者はトッド・ローズさん。ハーバード教育大学院で
心/脳/教育プログラムを指揮する個性学研究所長とのこと。
訳は小坂恵理さん。

本書、3部9章から構成。何事も「平均」と比べて判断することの
多い世の中ですが、である著者は「平均は間違える」と断言し、
「個の科学」について提唱する内容。
個性学を支える3つの原理は以下。
バラツキの原理、コンテクストの原理、迂回路の原理。
そして、著者が提言する、仕事でも教育現場でも役立つ個の生かし方の
3原理は以下。
・ディプロマではなく、資格証明書を授与する
・成績ではなくコンピテンシーを評価する
・教育の進路を学生に決めさせる
確かにこのようなシステムに移行できれば
「個」が活かせるように思います。
どうやって移行するかが悩みどころでしょうか。

興味深い内容の著作が多いハヤカワ文庫NF。
引き続き読んでいこうと思います。
190449.jpg
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日の本 「ザ・会社改造」 [本]

今日の本 「ザ・会社改造」(三枝匡/日経ビジネス人文庫:19年)

-340人からグローバル1万人企業へ-とのサブタイトルがついた一冊。
オビには「不朽の名著を軍事論のプロが翻訳」とも。
2016年の単行本を文庫化。
三枝氏が上場企業経営者としてどのような改革を実践されたのか
興味を持って手にしました。

著者は三枝匡氏。事業再生専門家として活動を経て、
現在は株式会社ミスミグループ本社シニアチェアマン、
第2期創業者とのこと。本書以外にも多くの著作があります。

本書、8章とプロローグ、エピローグから構成。著者自らが
社長として実践した内容を描いた、実話をもとにした企業変革ドラマ。
オビにあるように、340人からグローバル1万人企業へと
改革されたのですから、驚きの連続です。
気になったところだらけですが、少しピックアップ。
リーダーの能力の切れ味は「3枚セット」のシナリオを
いかに的確かつ迅速に作るかとのこと。
1枚目は、現実直視、問題の本質、強烈な反省論。
2枚目は、改革シナリオ、戦略、計画、対策。
3枚目は、2枚目に基づくアクションプラン。
確かに、この3枚を的確に示せれば、組織を動かせるのだと
思いました。

未読の前著も読みたいと思います。
190444.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日の本 「僕とライカ」(木村伊兵衛/朝日文庫:19年) [本]

今日の本 「僕とライカ」(木村伊兵衛/朝日文庫:19年)

-木村伊兵衛傑作選+エッセイ-とのサブタイトルがついた一冊。
オビには「「昭和」を見つめつづけた写真家の軌跡」とも。
2003年の単行本を文庫化。

著者は木村伊兵衛さん。著名な写真家であり、説明は不要でしょうか。
1901年東京生まれ。1974年、逝去。

本書、「木村伊兵衛傑作選+自作解説」とエッセイの2部構成。
エッセイのほうは、5章から構成。
木村さんの写真は、いくつかの展示会にて何度か拝見しておりますが
まとまった文章を読むのは初めて。
素晴らしい写真だけでなく、エッセイの方も素敵でした。
被写体に向かう精神が伝わってきた感じ。
また、ラストの5章に収録された土門拳さん、徳川夢声さんとの
対談も興味深いものでしたね。
さらに木村さんについて知りたいと思ったものの
現在入手できる本は、わりと少ないには驚きました。
図書館にも行ってみようと思います。
190414.jpg
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日の本 「愛と怒りの行動経済学」 [本]

今日の本 「愛と怒りの行動経済学」(エヤル・ヴィンター/ハヤカワ文庫NF:19年)

-賢い人は感情で決める-とのサブタイトルがついた一冊。
2017年の単行本を文庫化。オビには「行動経済学の最先端がわかる
コンパクトな1冊」とも。

著者はエヤル・ヴィンターさん。現在はヘブライ大学合理性研究センター
経済学教授、およびランカスター大学工業経済学教授。
主たる研究分野はゲーム理論、行動経済学、実験経済学、契約理論とのこと。
訳は、青木創さん。

本書、5部、23章から構成。
まえがきにあるように、本書は感情と合理性の「継ぎ目」に関する最新の
研究成果を踏まえて、こうした疑問に答えようとする内容。
様々な実験結果を踏まえた考察がとても興味深いものでした。
例えば、文化(国)が異なると、行ったゲームの結果が異なるというもの。
異文化間の比較研究において、提案とそれに対する回答に密接な関係が
あるというのです。
日本やイスラエルでは公正と見なされる提案もアメリカでは
とんでもなくけちだと判断され、逆にアメリカでは当然の提案も
イスラエルでは気前がよいと見なされるという結果が!
興味深いですね。

行動経済学、さらなる今後の研究が楽しみです。
190401.jpg
nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日の本 「孫子 現代語訳」 [本]

今日の本 「孫子 現代語訳」(杉之尾宜生 編著/日経ビジネス人文庫:19年)

オビには「不朽の名著を軍事論のプロが翻訳」とも。
2014年の単行本を文庫化。
ビジネス書などでも引用されて目にすることも多い「孫子」。
興味を持って手にしました。

編著は杉之尾宜生氏。防衛大学校助教授・教授等を経て、
現在は(株)陽雄顧問、戦略研究学会顧問、日本クラウゼヴィッツ学会顧問、
孫子経営塾顧問とのこと。本書以外にもたくさんの著作があります。

本書、13章から構成。「孫子」の原典13篇を
現代語訳、読み下し文、用語解説から読み解く内容。
末尾の解説では、構成の解説もあり、
「孫子」に記された内容は、すっきりと頭に入りました。
「はじめに」において一言で総括するなら、九変篇(16)と
されています。
私として、特に気になった箇所は以下。
軍形篇(4)
・勝利の理論・方法を知ることと、勝利を実現する能力とは、
 必ずしも一致するものではない。
勢篇(18)
・混乱は秩序の中に、臆病は勇気の中に、弱さは強さの中に
 潜在している。
なるほど、と思いましたね。

杉之尾宜生氏の他の著作も気になるところです。
190330.jpg
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日の本 「未来」 [本]

今日の本 「未来」(湊かなえ/双葉社:18年)

前回の湊かなえさんの記事からおよそ2か月。
リリース順ではなく、「ブロードキャスト」を先に読みましたが、
今回、ようやく未読であった「未来」を読みました。

著者は、湊かなえさん。
旧作の文庫化がかなり進んでおりますが、新作リリースのペースは
以前より落ちている印象。

まあ、ペースダウンの理由のひとつは本書でしょうか。
本作は書き下ろし長編でなんと400ページを超えるボリューム!
内容はミステリー。
近年は「山女日記」、「物語のおわり」、「ブロードキャスト」
といった殺人の起こらないいい話もあるのですが、
デビュー10周年を飾る本作は、湊さんならではのガチミステリーです。
好きな人にはたまらない、
でも合わない人には、かすりもしない感じ?
いろいろ仕掛けもあり、おもしろかったですが、
人が死ぬ展開はつらいです...

さて、次のリリースはいつでしょうか?
新作、楽しみです。
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日の本 「恐竜物語」 [本]

今日の本 「恐竜物語」(レイ・ブラッドベリ/新潮文庫:84年)

本棚を整理していたら、ずいぶん古い本が出てきました。
30年以上前のリリース。
オビには「豪華なイラストをそえて贈る、抒情と幻想の詩人
ブラッドベリの愛蔵版恐竜SF短編集」とも。
再読しました。

著者はレイ・ブラッドベリさん。多くの著作があり、
翻訳されている本は多く、私も以前はずいぶん読んでいます。
訳は伊藤典夫さん。

本書、ブラッドベリさんの恐竜に関わる短編を6つ収めた内容。
リリース当時の作品が3つ、それ以前の作品が3つです。
また本書の特徴は、いずれの短編も著名な画家、イラストレーターらとの
コラボ作となっているところです。
久しぶりに読みましたが、何とも懐かしい感じ。
あのブラッドベリの素敵な世界が広がっていました。
ブラッドベリさんはすでの他界されていて
もう新作を読むことはできないのですが
未読の作品もありますので、読んでみたいと思います。
190324.jpg
nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:

今日の本 「世界で活躍する人の小さな習慣」 [本]

今日の本 「世界で活躍する人の小さな習慣」(石倉洋子/日経ビジネス人文庫:19年)

オビには「肩書きに縛られるのはやめよう!」とも。
2015年の単行本を文庫化。
日経ビジネス人文庫の新刊であり、少々気になったので手にしました。

著者は石倉洋子氏。マッキンゼー・アンド・カンパニーなどを経て
現在は一橋大学名誉教授とのこと。
本書以外にも何冊かの著作があります。

本書、6章から構成。複数の企業で社外取締役を務め、
世界で活躍されている著者の仕事に対する気付きをまとめた内容。
いろいろ気になったところはあるのですが、ひとつピックアップ。
著者は自己評価において、2つの違いを意識することを提案。
・ほかの人と比べて自分のユニークさは何なのか(ほかとの違い)
・昨日の私と比べてどう違うのか(自分自身の違い)
この2点を意識することは、確かに重要と思いますね。

著者の他の著作も気になるところです。
190317.jpg
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日の本 「サッカーマガジン 3月号」 [本]

今日の本 「サッカーマガジン 3月号」(ベースボール・マガジン社)

先週末、Jリーグが開幕しました。
セレッソは金曜開催で神戸と関西ダービー。
そして見事に勝利! ナイスでしたね。

さて、先日の「サッカーダイジェスト」に引き続き
「サッカーマガジン 3月号」も購入しました。
特集がとても気になったので。
その特集は
「Jクラブ別 オールタイムベスト11&2019年新体制検証」
その年のベストイレブンなら、J全体とかでもありましたが、
チーム別で、オールタイムベスト11!
ユニークな企画です。
セレッソはわりとよく知っている選手が多かったです。
前は、西澤~森島~香川~大久保~乾 でした。
生でプレーを観たことがないのは、前監督とファビーニョ。
確かにこのメンバーでしたら、ベストなのかも。

で、セレッソですが、次の試合はアウェイで名古屋。
勝利を期待しています。
190230.jpg
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日の本 「オックスフォードの学び方」 [本]

今日の本 「オックスフォードの学び方」(岡田昭人/朝日文庫:19年)

-人生100年時代の教養が身に付く-とのサブタイトルがついた一冊。
オビには「これからの日本人に必要な6つの力」とも。
書店でみて気になり、手にしました。

著者は岡田昭人氏。現在は東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授で、
オックスフォード大学教育学博士とのこと。
本書以外にも多数の著作があります。

本書、7つのチャプターから構成。
オックスフォードの「教え方」に始まり、著者が日本人に必要な6つの力と
考える「統率力」、「創造力」、「戦闘力」、「分解力」、「冒険力」、
「表顕力」について、チャプター毎に解説する内容。
私としては、やはり気になったのは「創造力」。
著者は創造力を養う身近な方法のひとつとして
・区切りのいいところではなく、「+α」で終わる
ことを取り上げています。確かにこれは大事かも。
そして創造的思考をマニュアル化する4サイクルは
 準備~あたため~ひらめき~検証
とのこと。確かに「あたため」は重要な気がします。

いろいろ気付きのある1冊でした。
著者の他のリリースも気になるところです。
190212.jpg
nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日の本 「理科の教室」 [本]

今日の本 「理科の教室」(松岡正剛/角川ソフィア文庫:18年)

-千夜千冊エディション-とのサブタイトルがついた一冊。
オビには「ふやふやした生き物がいたら、ちょっとさわってみる。
あとの人生が変わってくる。」とも。

著者は松岡正剛氏。編集工学研究所所長、イシス編集学校校長であり、
日本文化研究の第一人者。本書以外にも多数の著作があります。

本書、4章から構成。「千夜千冊エディション」とは、著者のブック
ナビゲーションサイト「千夜千冊」を加筆修正して再構成したもの。
本書では理科に関わる著作を4章に分類し、紹介しています。
読んだものもありましたが数冊程度。
未読で特に気になったのは三木氏の「胎児の世界」。
まえがきの1行目も引用されているのですが、とても惹きつけられます。
また、「千夜千冊」として紹介されていない本も多数登場し、
その中で気になったのは
・フクロウ-私の探梟記
・木材なんでも小事典
私が日頃手にすることのない分野においても、
魅力的な本ばかり登場していますので、いろいろ読んでみたいです。
190211.jpg
nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日の本 「教科書には載っていない大日本帝国の発明」 [本]

今日の本 「教科書には載っていない大日本帝国の発明」(武田知弘/彩図社:19年)

タイトルに「発明」とありましたので、ちょっと気になり手にしました。
たぶん、この出版社の本を手にするのは初めて。

著者は武田知弘氏。出版社の勤務などを経て、現在はフリーライターとのこと。
本書以外にも多数の著作があります。

本書、4章から構成。1~3章で戦前の日本における画期的な発明を
紹介する内容。
タイトルに「教科書には載っていない」とあるものの、
わりとよく知られた発明も載っていました。
例えば、八木アンテナ、自動織機など。
逆に、あまり知られていないと思える発明もありました。
内面つや消し電球、TYK式無線電話機など。
これらの発明ですが、特許権を取得されたのかも
気になりますね。

今後も日本において、素晴らしい発明が生まれてほしいものです。
190207.jpg
nice!(15) 
共通テーマ:

今日の本 「もしブラック・ジャックが仕事の悩みに答えたら」 [本]

今日の本 「もしブラック・ジャックが仕事の悩みに答えたら」(尾崎健一/日経BP社:18年)

オビには「あの名作マンガで楽しくスッキリ!心が軽くなる」とも。
協力手塚プロダクションとあり、表紙にはブラックジャックが登場。
ちょっと気になり手にしました。

著者は尾崎健一氏。シニア産業カウンセラー、臨床心理士とのこと。
本書以外にも何冊かの著作があります。

本書、4章、13個のカルテから構成。
日本産業カウンセラー協会の会報誌「JAICO」の連載を再構成して
書籍化したものです。職場の悩みをブラック・ジャックの話を引用して
ブラックジャックならどうアドバイスするかでまとめるという内容。
著者はブラックジャックをリアルタイムで読んでいた世代。
私もほぼリアルタイムで読んでおり、とても懐かしく思いました。
そして、このような解釈があるとは!
おもしろかったです。
また、「カプセルをはく男」など、
よく覚えていないストーリーもあったので
改めてブラックジャックを読まねばとも思いました。
190203.jpg
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日の本 「気候で読む日本史」 [本]

今日の本 「気候で読む日本史」(田家康/日経ビジネス人文庫:18年)

オビには「この国を動かした異常気象との攻防1400年」とも。
2013年の単行本を文庫化。
昨年末に地球規模の気候変動についての著作「地球46億年気候大変動」を
読みましたが、もう1冊、関連書籍を手にしました。

著者は田家康氏。気象予報士で、現在は日本気象予報士会東京支部長とのこと。
本書以外にも何冊かの著作があります。

本書、5章から構成。気候の変動と日本の歴史との関わりを読み解く内容。
学生の頃、日本の歴史を学んだものの、
本書に記載されているような気候との深い関わりについての解説はなく、
本書にて初めて知ることも多かったです。
特に気になったのは、太陽の活動とのリンク。
そして、古代日本における森林破壊。
かなり昔から、環境が破壊されていたのですね。

気象予報の精度はわりと向上したものの、
災害への対処はまだ不十分なのが現状。
今年は豪雨、台風は減ってほしいです。
190202.jpg
nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日の本 「サッカーダイジェスト 2月14日号」 [本]

今日の本 「サッカーダイジェスト 2月14日号」(日本スポーツ企画出版社)

シーズンオフのJリーグ。各チーム、キャンプ中です。
一昨年は2冠のセレッソ。昨年はタイトルなく監督が交代。
さらに、主力選手が流出。
今年のセレッソ、かなり不安です。

さて、久しぶりに「サッカーダイジェスト」を購入。
セレッソから他チームへ移籍した選手である
杉本選手、そして山口選手が表紙に登場。
二人とも昨年は日本代表に選出された有名選手ですから。
一方、セレッソに加入した都倉選手も載っていますね。
ただ、セレッソとしての戦力は微妙な感じ。
戦力充実度ランキングは、J1の18チーム中11位ですから...
新監督の采配に注目です。

そのセレッソの開幕戦は、2/22 ホームで神戸と対戦。
イニエスタ選手、そして山口選手は先発するのか?
楽しみです。
190201.jpg
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日の本 「戦略参謀」(稲田将人/日経ビジネス人文庫:17年) [本]

今日の本 「戦略参謀」(稲田将人/日経ビジネス人文庫:17年)

-経営プロフェッショナルの教科書-とのサブタイトルがついた一冊。
2013年の単行本を加筆して文庫化。
後にリリースされた「経営参謀」を先に読みましたが、
ようやく「戦略参謀」のほうも先に手にしました。

著者は稲田将人氏。マッキンゼーを経て、現在は株式会社RE‐Engineer 
ing Partners代表で、経営コンサルタント。
本書以外にも何冊かの著作があります。

本書、8章から構成。具体的なストーリー展開の中で、
企業における営業企画、経営企画を学ぶ内容。
各章末には、数ページの解説が付与されています。
「経営参謀」と同様に、ストーリーに多くの学びが盛り込まれ、
理論がよどみなく頭に入ってきましたね。
「人、性善なれど、性怠惰なり」であり、
精度とスピードのあるPDCAを廻す体制作りが重要ということです。
確かに納得です。

さて、稲田氏の他の著作、次のリリースも気になるところですね。
190137.jpg
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日の本 「グッド・フライト、グッド・ナイト」 [本]

今日の本 「グッド・フライト、グッド・ナイト」(マーク・ヴァンホーナッカー/ハヤカワ文庫NF:18年)

-パイロットが誘う最高の空旅-とのサブタイトルがついた一冊。
オビには「現役パイロットが空のロマンをつづる極上のエッセイ」とも。
2016年リリースの単行本を文庫化。

著者はマーク・ヴァンホーナッカーさん。ブリティッシュ・エアウェイズ社の
パイロットイです。経営コンサルタントを経てパイロットに。
訳は、岡本由香子さん。航空自衛隊に10年間勤務後、翻訳家に。

本書、9章から構成。現役パイロットが、空と飛行機について語る内容。
飛行機に搭乗する機会はあっても、なかなか知ることができない
空と飛行機を取り巻く様々な事柄を知ることができ、
とても興味深いエッセイでした。
経営コンサルタントを経てパイロットになったという著者の経歴にも
驚きましたね。日本でもそのような方はおられるのでしょうか?
著者はコンサル時代、空にちなんだ言い回しを多用していたとか。
 第2四半期は強烈な向かい風だ
 高度3万フィートから俯瞰しよう
 あの会社にはなかなかいい滑走路がある
といった感じで。
また、著者は日本にホームステイしたことがあり、
本書には日本のこともいろいろ登場しております。

ハヤカワNFのシリーズ。まだまだおもしろそうな本がたくさんありますので、
引き続き、読んでいく予定です。
190134.jpg
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日の本 「ブロードキャスト」 [本]

今日の本 「ブロードキャスト」(湊かなえ/KADOKAWA:18年)

一昨年に読んだ湊かなえさんの初エッセイ集「山猫珈琲」以来、
久しぶりに湊さんの作品を手にしました。

著者は、湊かなえさん。旧作の文庫化がかなり進んでおります
本作の前にリリースされた書下ろし長編「未来」はまだ未読。

で、本作ですが、新聞に掲載された小説を加筆修正して
単行本化されたものです。
内容は、中学時代、陸上部に所属して活躍した主人公が高校に入学、
突発的な事故から陸上部を断念して放送部に入部し、
成長する姿を描いた作品です。
終盤には、湊さんならではの驚きの要素も盛り込まれております。
本作は、「山女日記」や「物語のおわり」のような人生、夢、
人との関わりを考えさせられる感触の展開であり、ナイス。
私としては、殺人が起こるミステリーよりも、本作ような展開が
好きですね。

さて、未読の「未来」。こちらも読まねば。
190122.jpg
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ: