So-net無料ブログ作成

今日のLIVE 「6.7 花田裕之」(ウーララ) [LIVE]

今日のLIVE 「6.7 花田裕之」(ウーララ)

日中は雨でしたが、その後は曇り。
仕事を終え、花田さんのソロツアー「流れ」を観に京都西院ウーララへ。
ソロの「流れ」を観るのはずいぶん久しぶり。
ブログを検索すると、なんとBassicで観て以来となるので6年ぶりです。
ROCK RIDER があったときは、定期的に出演されていたので
こんなに間隔が空くことはなかったのですが...
花田さんのLIVEは昨年の「BIG BEAT CARNIVAL IN 磔磔」で観ていますので
それほど久しぶりでもないですね。
190616.jpg
19時半を少し過ぎて、花田さんが登場。
まずは「風の中に消えた」でスタート。
この「流れ」、オリジナルに加えて、どのようなカバーがあるのか
とても楽しみ。今回も興味深い選曲でした。
洋楽ではニールヤング、ストーンズ。
邦楽では井上尭之の「一人」、サンハウスが数曲、
柳ジョージ、吉田拓郎あたりも。
アンコールは2度あり、トータル2時間あまり、素晴らしいLIVEでした。

今回、MCはとても少なく、私の記憶では2度ばかり。
ウーララの19周年に対するお祝いの言葉と
ジプシーズでも来るのでよろしくという告知でした。
ソロ、バンドと様々な形態で全国各地で演奏活動を継続されている花田さん。
また、観に行きたいものです。
190617.jpg
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

今日の美術 「新収蔵品展2016-2019年」 [美術]

今日の美術 「新収蔵品展2016-2019年」 (福岡アジア美術館)

ちょっと時間があったので、久しぶりに福岡アジア美術館に
行ってきました。
前回行ったのは特別展の「北斎展 ~師と弟子たち~」でしたので
およそ4年ぶり。
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/home.html
190614.jpg
今回、特別展はやってなかったので、観たのは
「新収蔵品展2016-2019年」
「姚明水墨画書道展」
となります。
190615.jpg
新収蔵品なので、近年の作品が多かったのですが
古い作品もあり、とても興味深かったです。
アジアといってもとても広く、様々な作品がありました。
とても刺激的でしたね。
福岡に行くことがあれば、また伺いたいと思います。
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

先週の弓道 [弓]

先週の弓道

雨のぱらつく時間帯もありましたが、
概ね晴れであった週末、いつものように夜間に道場へ。

前回気の付いた引分けでの肩の力みを確認して修正。
背中を意識して肩を開くようにすることで
多少肩はそろった感じ。
詳しくは、動画撮影か、先生に見て頂かないと
分からないですが。
的中はまずまずでした。

次の週末は個人練習が不可なので
悩ましいところです。平日には行けそうにないので...
なんとか引き続き修練。
nice!(3)  コメント(0) 

「食品業界における知財活動に対する警鐘」 [その他]

「食品業界における知財活動に対する警鐘」

先週に引き続き、弁理士会の研修会に参加しました。
今回のタイトルは、「食品業界における知財活動に対する警鐘」。
サブタイトルは、「電機業界の生き様からの学び」。
食品業界の知財については、これまで話を聴く機会がなかったため
興味を持って参加しました。

講師はカゴメ株式会社 知財課長で、弁理士の宮下洋明先生。

序論、本論、結論の3部構成。
食品業界の知財は、電機業界とはずいぶん異なっていました。
電機業界では、競合他社、自社ともに相当数の特許を持っているため、
訴訟に踏み切ることはまずなく、無償の相互実施許諾に
至る場合が多いとのこと。
一方、食品業界では、パラメータ特許が増加し、
権利行使するのが通常。
電機業界は、出願件数はやや減少傾向にあるものの、
今後も出願は継続されていくようですが、
そのような状況において、食品業界の知財は
どのように経営に貢献していくのか?
今後の経営貢献については、今のところ模索中とのことです。

さて、しばらくは受講の機会は少なそうですが、
今後も時間が許す限り、研修会には参加していきたいと思います。
nice!(10) 
共通テーマ:資格・学び

今日の本 「アルゴリズム思考術」 [本]

今日の本 「アルゴリズム思考術」(ブライアン・クリスチャン/ハヤカワ文庫NF:19年)

-問題解決の最強ツール-とのサブタイトルがついた一冊。
2017年の単行本を文庫化。〈数理を愉しむ〉シリーズであり、
オビには「「超」整理法も「アルゴリズム思考」だった!」とも。

著者はブライアン・クリスチャンさんとトム・グリフィスさん。
ブライアンさんは、一般向け媒体や専門誌に寄稿する著作家であり、
トムさんは、カリフォルニア大学バークリー校の心理学・認知科学教授とのこと。
訳は、田沢恭子さん。

本書、13章から構成。
アルゴリズムを「問題を解くための一連の単純な手順」と定義し、
11のアルゴリズムを多くの事例を用いて解説する内容。
様々な場面で有効にアルゴリズムが使えるとは、
知らなかったです。
オビにも記載された野口さんの「超」整理法は、
「キャッシュ」の章に登場。
最長未使用時間の原理を発展させたものと言えるとのこと。
素晴らしい整理法ですよね。

さて、様々な「アルゴリズム思考」、日常生活に活かせればと思います。
190613.jpg
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日の本 「ダーウィンの覗き穴」 [本]

今日の本 「ダーウィンの覗き穴」(メノ・スヒルトハウゼン/早川書房:19年)

-虫たちの性生活がすごいんです-とのサブタイトルがついた一冊。
オビには「Web連載で累計10万ビュー」とも。
2016年リリースの単行本のマンガ版です。
単行本は未読ですが、日高トモキチさんが漫画化されたので手にしました。

著者はメノ・スヒルトハウゼン氏。現在はナチュラリス生物多様性センターの
リサーチ・サイエンティスト、ライデン大学教授とのこと。
日高トモキチさんは、漫画家、イラストレーター。

本書、15章から構成。
虫に限らず、人間も含めて、進化にまつわる生殖の謎を
解き明かす内容。驚きの連続です。
動物界の雌は受精させる精子を選ぶために
以下のような仕掛けを持っているとのこと。
 空振りを強要する「ドライセックス」
 射精前に逃亡
 注入された精子の排出
 体内バルブ等の通せんぼ
 精子を一旦保管して使うか後で決める
雌は受動的な精子受け入れ装置などではないのだそうです。
複雑で高度なしくみにびっくりです。
まだまだ知らないことだらけですね。

さて、本書の元となった単行本も読んでみたいと思います。
190605.jpg
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日の格闘技 「UFCカード」 [格闘技]

今日の格闘技 「UFCカード」

UFCトレーディングカードはしばらく購入しておりませんが、
引き続き、海外サッカーのトレーディングカードをBOXで購入。
今回購入したのは、先月末にリリースされたもので
「2018-19 Topps UEFA Champions League Chrome Soccer」
です。1パック4枚、1ボックスに18パック入っています。
190611.jpg
開封すると、サインカードが1枚でました。
サインの出た選手は、OLIVER BAUMANN。
ホッフェンハイムに所属する選手ですね。
隣のカードはオブラク選手のナンバリングカード。
190612.jpg
さて、海外サッカー。
今年のUEFA CHAMPIONS LEAGUE は終了。
バルセロナは準決勝でまさかの敗退。
バルセロナに勝利したリバプールが優勝しました。
今後は選手の移籍が気になるところです。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

今日のLIVE 「6.4 オリックス-DeNA」 [オリックス]

今日のLIVE 「6.4 オリックス-DeNA」(京セラドーム)

先週に引き続き京セラドームへ。
この日から交流戦です。
190606.jpg
交流戦の初戦の相手はDeNA。
セでは負け越しており、やや低迷。
ヤクルトの連敗があり、最下位ではありませんが。
190607.jpg
さて、今回の先発、オリは山本投手。DeNAは大貫投手。
DeNAのスタメンには、昨年トレードで移籍した伊藤捕手の名前が。
選手紹介時、打席でも、1塁側から拍手がありましたね。
190608.jpg
190609.jpg
(交流戦なのにかなりの空席)
先制はDeNA。
2回にその伊藤選手がホームラン!
4回にも四球とヒットで追加点。
一方、オリックス。
ヒットはでるものの、ホームが遠い。
スクイズは失敗し、2度のチャンスに吉田選手は不発。
得点はロメロ選手の本塁打のみ。
ヒットはトータル10本あったのに1点のみとは...
この時期からの最下位独走は避けたいです。
190610.jpg
nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

今日の本 「脳はなにげに不公平」 [本]

今日の本 「脳はなにげに不公平」(池谷裕二/朝日文庫:19年)

-パテカトルの万脳薬-とのサブタイトルがついた一冊。
2016年リリースの単行本の文庫化。
リリース時にも手にしたのですが、文庫化にあたり
寄藤文平さんとの特別対談が追加収録されたので
再度手にしました。

著者は脳に関する研究を継続されている池谷裕二先生。
現在は、東京大学薬学部教授とのこと。

本書、2011年12月から「週刊朝日」に連載されているコラムをまとめたもの。
以前読んでいるはずなのに、忘れているテーマもありました。
結構、忘れてしまうものですね...
今回、文庫化にあたり、装丁を寄藤文平さんが担当。
装丁の最終案にたどりつくまでのイメージなどを
追加収録された特別対談で話されています。
興味深いお話でおもしろかったです。

さて、久しぶりに池谷さんの本を手にしましたが
未読の本がリリースされています。
そろそろ読まねば。
190604.jpg
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日の格闘技 「5.26 PANCRASE 305」 [格闘技]

今日の格闘技 「5.26 PANCRASE 305」(新木場スタジオコースト)

少し前に開催された5月のパンクラス。
今回もAbemaTVにて、生放送されました。

第7試合では、ベテラン対決が実現。
「近藤有己 VS 郷野聡寛」
お二人の年齢は、なんと43歳、そして44歳!
この試合は5分ではなく、3分3R。
全盛期のような動きはなかったものの、細かい攻防の結果、
3-0の判定で、近藤選手が勝利。
これでお二人の対戦成績は、近藤選手が上回りました。

セミにもベテラン選手が登場。元王者のマモル選手です。
「小川 徹 VS マモル」
再浮上のきっかけをつかみたいマモル選手でしたが
あまり前へでられない展開が続き、3-0にて判定負け。残念です。

そしてメインはフェザー級統一チャンピオンシップ
「ナザレノ・マレガリエ(王者)VS ISAO(暫定王者)」
こちらは3-0でしたが、かなり僅差の判定で、
ISAO選手が王座統一に成功。今後が楽しみです。

さて、次回のパンクラス306は6/30。
メインはタイトル戦で
「手塚裕之 VS 高木健太」が決定済ですね。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ