So-net無料ブログ作成

今日のオリックス 「告知ポスター:#超攻撃型終盤戦」 [オリックス]

今日のオリックス 「告知ポスター:#超攻撃型終盤戦」

セリーグは早くもマジックが点灯しておりますが
パリーグはまだまだの様子。
今なお最下位のオリックスですが、
3位くらいなら可能性はある感じ。
残り試合、がんばってほしいです。

さて、新しいポスターが登場しています。
「#超攻撃型終盤戦」
9月のホームの試合の告知です。
8月末のホーム試合は京都での開催が予定されていましたが
2試合とも雨で中止に。
阪急のユニで試合を行う予定だったのに残念です。
この中止の試合、また京都で行うよう調整されるのか
気になるところです。
ペナントレースもあと1か月少々。
残り試合、しっかり勝利して、順位を上げたいところですね。
190864.jpg
nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

今日の本 「明日に向って走れ」(吉田拓郎/角川文庫:1983年) [本]

今日の本 「明日に向って走れ」(吉田拓郎/角川文庫:1983年)

このところ再読が続いております。
またかなり古い本ですが、実家で見つけました。
今回は、1983年に文庫化された吉田拓郎さんの著作です。
オビには「唇に歌、手にギター。ポケットに、一冊の拓郎!」とも。

著者は吉田拓郎氏。シンガーソングライターとして著名ですね。
70歳を超えた今も現役です。

本書、2章から構成。元のリリースは、1976年なので、
30歳前後の頃の吉田さんの思いを語った内容となります。
文庫化された頃は、アルバム「マラソン」がリリースされた時期で
わりと吉田さんの作品を聴いていましが、
76年頃はまだ聴いておらず、そのころの状況が伝わってきて
楽しめました。
吉田さんのLIVEは、80年代に一度だけ行ったことがありますが
その後は、LIVE、作品ともずいぶんご無沙汰。
近年の活動など、チェックしてみたいところです。
190861.jpg
nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:

今日の格闘技 「8.24 K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~ 日本VS世界・5対5&スペシャル・スーパーファイト in 大阪」 [格闘技]

今日の格闘技 「8.24 K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~ 日本VS世界・5対5&スペシャル・スーパーファイト in 大阪」(エディオンアリーナ大阪)

土曜に開催されたK-1を観ました(途中からですが)。
AbemaTV、GAORA にて生放送。
今回は大阪大会。日本VS世界の5試合が組まれています。

今回の「日本VS世界」。なんと全試合で完全決着!
その中でも、特に興味があったのは以下の2試合。
「大泉 翔 VS 木村“フィリップ”ミノル」
このところ、安定感が増している木村選手。
今回はボクシングベースの選手との対戦。
どのような相手であろうと現在の木村選手の相手ではなく、
1Rに3度のダウンを奪って完勝。今回も素晴らしかったです。
そして、「野杁正明 VS サミ・ラミリ」
ムエタイの選手との対戦が予定されていたものの
メジロジムの選手に変更。
野杁選手、1Rで早くもダウンを奪い、ボディを効かせて2R KO勝利。
圧勝です。ピケオーとの再戦に期待ですね。

さて、次のK-1は11/24。
まだカードは未定のようです。その1か月後には名古屋大会が開催。
今年は夏に、Krush名古屋大会がなかったのは、
年末にK-1が開催されるから?
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

今日の本 「十月の旅人」(レイ・ブラッドベリ/新潮文庫:87年) [本]

今日の本 「十月の旅人」(レイ・ブラッドベリ/新潮文庫:87年)

3、6月に、本棚を整理していて出てきた「恐竜物語」、
そして「火星の笛吹き」を再読しましたが、もう1冊、
ブラッドベリの古いリリースの本を手にしました。
この文庫自体のリリースは1987年ですが、
文庫化前の単行本は、1974年にリリースされています。

著者はレイ・ブラッドベリさん。多くの著作があり、
翻訳されている本は多く、私も以前にずいぶん読んでいます。
訳は伊藤典夫さん。

本書、訳者の伊藤典夫さんが当時単行本に未収録であった
ブラッドベリの短編10編を集めた内容。
かなり古い作品ばかりで、1943年から1953年の間に発表された
作品となります。
何れの作品も、ブラッドベリさんならではの世界が
構築されておりますが、わりとダークな装いの作品が
多いように感じました。
さて、本作は現在、ハヤカワ文庫から再リリースされています。
今なお、人気があるようです、レイ・ブラッドベリ。
190848.jpg
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:

先週の弓道 [弓]

先週の弓道

前回に引き続き、週末の夜間に道場へ。
このところ日中の気温はやや低下。
やや練習しやすくなりました。

前回、肩の付け根から押す感じが足りていない印象であり、
押手主導の引分けを意識して、巻藁主体で練習しました。
引き続き、同じ視点にて練習。
練習中、何となく脇を使う感じがつかめたような気がしました。
よく脇銅と聞きますが、なかなか実感できていなかったのです。
どの程度正しいかはわかりませんが...

次もこのあたりを特に意識して
引き続き修練。
nice!(4)  コメント(0) 

「なぜか生きのこったへんな動物 スタンプラリー」 [美術]

「なぜか生きのこったへんな動物 スタンプラリー」(Osaka Metro)

昨年は、JR西日本ではなくOsaka Metroにて開催されたのは
ポケモンスタンプラリー。
今年のOsaka Metroは、ポケモンではなく「なぜか生きのこったへんな動物」
スタンプラリーを開催。
アニメなどのキャラクターを使用しないスタンプラリーは
珍しいのでは?
https://subway.osakametro.co.jp/news/news_release/20190703_hennadobutsustumprally.php
190859.jpg
7,15駅のスタンプで賞品がもらえる設定。
10駅で出題されているクイズに答えることでも
抽選で賞品がもらえます。
7,15駅のスタンプで必ずもらえるのは、
オリジナル下敷き(7駅)、そして
オリジナルノート、へんな動物博士認定証(15駅)
Osaka Metroのみでの開催で、エリアが狭いためなのか
高価というかレアな印象の賞品はないようですね。
そして、写真撮影スポットはゴールポイント設置場所のみ。
(まだ行っておりませんが)
キャラクターを使用しなくても、集客効果はあるのか?
気になるところです。
190860.jpg
nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

今日のLIVE 「8.23 オリックス-日本ハム」(京セラドーム) [オリックス]

今日のLIVE 「8.23 オリックス-日本ハム」(京セラドーム)

8月、4度目の京セラドーム。
毎年恒例の「Bs夏の陣」に行ってきました。
今月初めのカードも「Bs夏の陣」でしたので、
2度目の開催となります。珍しい、8月末の夏の陣。
190854.jpg
190856.jpg
試合前には、月間MVPの表彰などがありました。
そのため、選手紹介は通常の17時半頃よりずいぶん前にあり
まだ観客の少ない時間帯でしたね。
190855.jpg
さて、今回の先発、オリは山岡投手。ハムは北浦投手。
また、ハムの4番は清宮選手でした。
190857.jpg
190858.jpg
先制は日本ハム。4回に平沼選手のタイムリーで1点。
5回にも1点追加され、ハムのリードが広がりました。
山岡投手、ランナーを背負う展開が多かったです。
しかし、6回にオリが逆転し、そのまま勝利。
山岡投手に勝ちがつき、これで10勝目。
いよいよ最下位脱出が見えてきました。
引き続き勝利を!
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

「くまのがっこう スタンプラリー」(阪急電鉄) [美術]

「くまのがっこう スタンプラリー」(阪急電鉄)

7月から、阪急電鉄にて新たなスタンプラリーが始まっています。
今回は、大人気絵本シリーズの「くまのがっこう」。
https://www.hankyu.co.jp/area_info/jackie_hankyu2019/
190852.jpg
4つの駅のスタンプを集めると、ネームキーホルダーが
もらえるというスタンプラリー。
4つの駅は阪急電鉄の各路線に設定されているので、
結構遠いですね。
でも、スタンプポイントにはフォトスポットが設置されていますので
スタンプを押すだけではない楽しみもあります。
190851.jpg
また、期間中は「えほんトレインジャッキー号」が運行されています。
神戸線、宝塚線、京都線の各線を1編成ずつ運行中とのこと。
先日、運よく、神戸線にて乗車しました。
新作の『ときのおくりもの』が列車の中吊りで展開され
ヘッドマーク、ドア横ステッカーなども付されたスペシャルな装飾列車でした。
190849.jpg
190850.jpg
他の路線のコラボ列車にも乗ってみたいですね。
スタンプラリー、列車運行期間は、10/31までとのことです。
190853.jpg
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

今日の美術「人食いザメと金髪美女―笑う横尾忠則展」 [美術]

今日の美術「人食いザメと金髪美女―笑う横尾忠則展」 (横尾忠則現代美術館)

5月末に始まった「人食いザメと金髪美女」。
サブタイトルは、「笑う横尾忠則展」です。
終了が近づいてきたので、行ってきました。
http://www.ytmoca.jp/exhibitions/2019/05/panic.html
190845.jpg
今回の展示「人食いザメと金髪美女」は、
横尾さんの作品に取り入れられた様々な「笑い」の要素を
鑑賞する内容です。
今回はこれまで観たことのない作品がわりと多く、
おもしろかったですね。
特に気になったのは、「タカラヅカを観た夜に見た夢」、
「哲学者」、「正確な寸法で描かれたルソー像」あたりです。
190846.jpg
さて、次回の展示は、9/14からで
「横尾忠則 自我自損展」
http://www.ytmoca.jp/exhibitions/2019/06/post-16.html
また行かねば。
190847.jpg
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

「標準化をめぐる動向と標準化戦略」 [その他]

「標準化をめぐる動向と標準化戦略」

私としては、8月2度目となる弁理士会の研修会に参加しました。
今回のタイトルは、「標準化をめぐる動向と標準化戦略(サービス、新市場制度等)」。
東京での開催でしたが、各会への配信がありましたので、
配信のほうに伺いました。

講師は3名。経済産業省産業技術環境局 国際標準課 国際標準課長である黒田浩司先生、
産業技術総合研究所人間拡張研究センター 研究センター長である持丸正明先生、
そして一般財団法人日本規格協会 理事である内田富雄先生。

講義は各講師による3部構成。
まず黒田先生から、標準化をめぐる最近の動向と標準化戦略についてを、
70分あまり講義いただきました。最近の動向としては、改正JIS法が今年7月に
施行されており、JISの対象範囲がモノからデータやサービス等まで
拡大されています。また名称はこれまでの日本工業規格から日本産業規格に変更。
さらに改正にはJIS制定の迅速化、罰則強化、標準化の促進が含まれています。
標準化戦略については、知的財産と標準化を組み合わせた事例の紹介もありました。
続いて、持丸先生が、サービスの国際標準化動向について5つの事例の紹介に加え
日本の今後に向けてを提言されました。
SDGsにつながるサービス標準による新市場の創出が大切とのこと。
最後に、内田先生から、「新市場創造型標準化制度」についての概要、
およびこれまでの取組事例を紹介いただきました。
標準化制度を利用するにあたり、事前にオープン・クローズ戦略、知財戦略を
準備しておくことも大切とのことです。

本研修で、改正JIS法等、標準化に係る最新の動向をまとめて入手できました。
今後も時間が許す限り、研修会には参加していきたいと思います。
nice!(15) 
共通テーマ:資格・学び